MENU

BLOGブログ

【ヒートショック】知ってますか?対策にはストレッチ!

【ヒートショック】知ってますか?対策にはストレッチ!

 

ヒートショックとストレッチの関係についてお話をしていくポジティブストレッチの八木です!

 

皆さん、ヒートショックは知っていますか?

 

知らない方も多いですよね。

 

実はそのヒートショックと言われるものと、ストレッチには関係があったりします。

 

では一体どのような関係があるのでしょうか?

 

 

ヒートショックとは?

そもそもヒートショックというものを知らない方のためにいったいどういうものなのかを簡単に説明させて頂きます。

 

ヒートショックとは、家の中の急激な温度差により血圧が大きく変動することで失神や心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こし、身体へ悪影響を及ぼすこと」です。

 

ヒートショックは、基本的に家の中の温度差により起こることが多いです。

 

真冬は、暖房をつけている暖かい部屋と暖房をつけていない浴室やトイレの温度差は、10℃を超えるといわれています。

 

暖かい部屋から寒い浴室に移動すると、身体は室温の急激な変化から体温を調節するために、ブルブルと筋肉を震わせて熱を作ります。

 

同時に血管を細くして、皮膚の下に流れる血液の量を減らし、体の熱を外に逃がさないように調節します。血管が縮むと、血液が流れにくくなるので、血圧は急上昇します。

 

しかし、浴槽の温かい湯につかることで、血管は拡張し、急上昇した血圧が、今度は急激に低下してしまうのです。

 

その後も、浴槽から出て体を洗ったり、あるいは熱い湯船からいきなり出て寒い脱衣所に移動することなど、一連の入浴行動の中で血圧は急激に大きく変わります。

 

健康な若い人なら、血圧の急上昇や急下降にも耐えられるかもしれませんが、高血圧や糖尿病、脂質異常症など動脈硬化が進行した高齢者では、血圧の上昇による心筋梗塞、致命的な不整脈、脳梗塞や脳出血などを引き起こしやすくなっています

 

反対に、血圧が低下することでめまいやふらつきが起き、または意識を失って、転倒や溺死という結果を引き起こすこともあるのです。

 

このヒートショックは、冬場の冷え込んだトイレ・洗面室・浴室など、極端な温度差がある場所などで起きやすくなっています。

 

ヒータをつけておいてあらかじめ暖かくしておく、厚着をしていく、熱めのシャワーを出しておいて空間を少し温めておくなどの対策をしておきましょう。

 

 

ヒートショックとストレッチ?

 

温度差によってやられるヒートショックですが、

 

ストレッチを行うことで、血液循環のUPを狙えさらに身体を温めることが出来ます

 

その為、温度変化による刺激を抑えられる効果があるのでストレッチを行ってから出ることをオススメ出来ます。

 

では一体どんなストレッチを行うと良いのかご紹介して行こうと思います。

 

 

もも前のストレッチ

 

・立った状態で手で片足を持ち、かかとをお尻に持っていく

 

・20秒キープ

 

・片側が終わったら、反対の太ももも同じようにのばす

 

どこかに掴まって行うと安全です。

 

 

お腹をストレッチ

 

・うつぶせに寝た状態から上半身だけを腕で持ち上げる

 

・20秒キープ

 

アザラシのような形になります。

 

このときお腹を突き出すようにすると、より筋肉が伸びて効果が上がります。

 

 

脇腹をストレッチ

 

・立った状態で片手を上げ、そのまま横に傾ける

 

・左右交互に各20秒ずつ行う

 

 

背中をストレッチ

 

・正座をして両手を上げ、万歳のポーズをとる

 

・腕を上げたまま上半身を倒し、床に寝る

 

・お尻を突き出すようにし、背中をぐっと伸ばす

 

・お尻はふくらはぎから浮かすと効果的

 

・20秒キープ

 

背中を床に押し付けるようにすると、肩甲骨周辺がよく伸びます。

 

 

今紹介した筋肉のストレッチ、皆さん何か気が付きませんか?

 

そう!それは全て大きい筋肉であること。

 

大きい筋肉はその分体に与えている影響も多いのでしっかりやってあげると効果もその分大きいですよ!

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

少しストレッチをするだけで命を危険にさらすリスクが減ります。

 

面倒くさいを取って命をかけますか?

 

それとも、面倒くさいを我慢して軽いストレッチを取りますか?

 

ちょっと大げさかもしれませんがそれぐらいの気持ちを持って行うと意味も出ますね。

 

では以上、八木でした!

 


PageTop

PageTop