MENU

BLOGブログ

運動は何故必要??

運動は何故必要??

 

運動の重要性についてお話をしていく八木です!

 

オススメの運動などの紹介は多く行ってきましたが、

 

そもそも運動がなぜ必要なのか?

 

運動を行うことで身体へのメリットをお話していませんでした。

 

では運動にはどのような効果があるのか見ていきましょう!

 

 

運動とは?

 

運動とは「からだを動かすこと」で、最近では日常生活での活動(生活活動)とスポーツなどの運動を合わせて身体活動と呼ばれています。

 

そもそも人間も動物です。

 

他の動物と同じように「動く仕組み」が身体の中にあります。

 

しかし便利な世の中になるにつれ、運動する機会が減ってしまいました。

 

今は多くの人が運動不足を感じていますが、運動したほうが良いということは理解をしていても様々な理由(暑い、寒い、忙しいなど)により習慣化するのは難しいのが現状です。

 

 

なぜ運動が必要なのか?

 

「運動をした方が良い」このことがなんとなくわかっていても

 

明確な理由がないと中々始めにくいかもしれません。

 

運動を行う理由として、大きく分けて二つあります。

 

 

1、生活習慣病の予防

 

食べ物から摂取したエネルギーと運動により消費したエネルギーがバランスよく保たれていることが健康の為に良い状態とされます。

 

しかし食べる量は変わらず、運動を行わないと摂取エネルギーが消費エネルギーを上回り、使われなかったエネルギーは脂肪として身体に蓄えていきます。

 

この状態が繰り返し行われると、脂肪が必要以上に蓄積し、肥満となります。

 

そして、肥満が原因となって糖尿病、高血圧、脂質異常症といった生活習慣病になるリスクが高くなります。

 

これを防ぐために運動を行い、摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスを保つことが必要になります。

 

 

2、筋力や身体機能の維持

 

例えば「歩く」という動作。

 

簡単に行っているようですが、歩くときには大腿四頭筋(大腿直筋・広筋)、ハムストリングス(大腿二頭筋、半腱・半膜様筋)、前脛骨筋、下腿三頭筋(腓腹筋・ヒラメ筋など)といった多くの脚の筋肉を使って歩きます。

 

さらにそれだけではなくお尻や腰、背中、腕の筋肉も使用しています。

 

全身の筋肉を使ってはじめて「歩く」ことができるのです。

 

また重心を移動させて前に進むためにはバランス能力、さらには長い時間動くことができる心肺機能も必要となります。

 

もし「歩く」動作をしなくなったら、多くの筋肉が減少し、さらにバランス能力、心肺機能が低下します。

 

こうなってしまうと歩くスピードが落ち、信号を渡りきれない、または荷物を持つとバランスが保てずふらついてしまう、小さな段差でつまずき転んでしまうなど日常生活に多大な影響を及ぼす恐れがでてきます。

 

このようなことに事態にならないために毎日歩くことが必要なのです。

 

歩くことで必要な筋肉、機能が維持されます。

 

また筋肉量は成長期に増え、その後加齢とともに減少していきます。

 

しかし筋肉は骨とは違って、いくつになってもトレーニングを行えばその分増やすことができる組織でもあります。

 

 

大きく二つに分けましたが、これを防ぐために適度な運動が必要となります。

 

 

運動による効果

 

運動を行う意味は分かりましたね。

 

次は運動による効果の紹介です。

 

 

・身体的効果


運動の効果はからだの機能面によく表われますが、疾病に対しても効果があります。


・健康的な体形の維持


・体力、筋力の維持および向上


・肥満、高血圧や糖尿病などの生活習慣病やメタボリックシンドロームの予防


・加齢に伴う生活機能低下(ロコモティブシンドローム)の予防


・心肺機能の向上により疲れにくくなる


・腰や膝の痛みの軽減


・血行促進により肩こり、冷え性の改善


・抵抗力を高める(風邪予防)

 

 

 

・精神的効果

 

運動をすると精神面にも様々な良い影響を及ぼします。


・認知症の低減


・不定愁訴の低減


・気分転換やストレス解消

 

 

心身共に効果があるので、運動を行い健康な身体を手に入れましょう。

 

 

どんな運動が良いのか?

 

普段運動をされていない方に、どんな運動を始めたらよいか迷っている方にオススメの運動を紹介して行こうと思います。

 

 

1、ランニングやウオーキング

 

運動不足と感じた時、いつでも始められることがオススメの理由。

 

比較的コストもかからないので最初のスポーツとして人気があります。


コースや目標を自分で決められ、空いた時間にできるお手軽さもあるので忙しい方にもオススメです!

 

 

 

2、ヨガやピラティス

 

筋力や体力に自信がない人でも出来、自宅でも行える手軽さがあり、女性に人気があるスポーツです。


ちなみにヨガとピラティスは同一視されることも多いのですが、実はスポーツの目的に違いがあり、これをしっかり把握したうえで自分に合ったものを選ぶとより効果的です。

 

ヨガは、正しいやり方で行えば、身体の歪みや矯正、新陳代謝を促す効果があります。

 

ピラティスは、身体の理想的な動きや姿勢を身に着けることで、インナーマッスル体幹が鍛えられます。

 

これにより、筋力アップや体の不調(肩こりや腰痛など)の改善が期待できます。

 

 

 

3、水泳

 

何といっても身体への負担が少ないのが一番オススメの理由!

 

水の中で運動をするため浮力が働き、筋肉や関節への負担を軽減しつつ全身を鍛えられます。

 

水中をゆっくり歩くだけでも水の抵抗で筋力アップを目指せますし、長距離を泳げば有酸素運動となって心肺機能が高まります。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

運動の大切さは感じて頂けましたか?

 

運動+ストレッチで健康的なカラダが手に入ります!

 

何をしたらいいか分からない方はポジティブストレッチで相談しちゃいましょう(^▽^)/

 

以上、ポジティブストレッチの八木でした!


PageTop

PageTop