MENU

BLOGブログ

【頸部椎間板ヘルニア】首や腕の痛みや痺れはこれが原因かも?

【頸部椎間板ヘルニア】首や腕の痛みや痺れはこれが原因かも?

 

 

頸椎椎間板ヘルニアについてお話をしていく、ポジティブストレッチの八木です!

 

腰痛がある方だと「椎間板ヘルニア」という言葉にはなじみがあるかもしれませんね。

 

腰痛の時は腰部椎間板ヘルニアですが、今回は頸部椎間板ヘルニアなので、首のヘルニアになります。

 

では、頸部椎間板ヘルニアのお話しをしていこうと思います。

 

 

 

椎間板ヘルニアって何??

 

 

椎間板とは

 

椎間板ヘルニアという言葉はよく聞きますが、そもそも椎間板というものはご存知ですか?

 

背中には背骨がありますが、この骨は一個のものではなく小さな骨が一つになって背骨になっています。

 

そして、骨同士が直接当たりあうと負担が大きく削れて行ってしまいます。

 

そのようなことをなくすために、骨と骨の間にはクッションが入っています。

 

そのクッションを「椎間板」といいます。

 

 

椎間板ヘルニア

 

上でも紹介しましたが、クッションの役割を果たす椎間板の中の髄核と言われるものが飛び出してしまった状態を「椎間板ヘルニア」と言います。

 

わかりやすく生卵にたとえるならば、黄身(椎間板の髄核とする)が白身を突き破って出てきてしまったのと同じ状態です。

 

その飛び出たものが神経を圧迫し、痛みやしびれが出ます。

 

原因としては、加齢や重いものを持ったときの負荷などが考えられています。

 

ちなみに、脊椎は下へ行くほど重さがかかりやすいため、腰に近いところほど椎間板ヘルニアが発症しやすくなります。

 

頸部(首)も頭があるため負荷がかかりやすく、椎間板ヘルニアのリスクが高くなります。

 

この首部分で起こるヘルニアを「頸部椎間板ヘルニア」といいます。

 

 

 

こんな症状があったら注意しよう!

 

 

では、頸部椎間板ヘルニアになるとどのような症状が出てくるか見ていきましょう!

 

 

軽度の場合

 

首の痛み、肩こり、軽い手のしびれなどが出ることがあります。

 

徐々に首を反らす動きが制限されるようになり、腕や手にぴりっとした痛みが走るようになります。

 

 

重度の場合

 

手や腕の感覚が無くなったり、握力を始め筋力が低下してきます。

 

手先を使う作業が上手くできなくなったり、場合によっては下半身にも症状が出現します。

 

他にも、膀胱直腸障害と言われる尿や便が出にくくなったりする症状が見られたり、逆に頻尿や失禁がみられることもあります。

 

 

こんな症状がある人がいたら注意をしましょう。

 

出来るだけ早めに病院に行くことをお勧めします!

 

 

 

予防にはこの三つ!

 

 

予防にはこの三つを意識しましょう!

 

 

1.運動

 

2.体重コントロール

 

3.姿勢を正す

 

 


椎間板ヘルニアは、これらのことで予防が期待できます!

 

特に、食生活の見直し・改善は重要となります。

 

体重コントロールの面では、「食べないダイエット」というものはおすすめできません。

 

食べないと糖分が欠乏し、消費カロリーの多い筋肉に蓄えてある糖分(グリコーゲン)がとられてしまい、

 

結果、筋肉量が減少し、代謝が低下して、逆に痩せにくくなる可能性があります。

 

そのため、糖質制限も程々とし、栄養のバランスを考えた食事を心がけ、体重を標準体重に保つようにしましょう。

 

食生活面に加えて、適度な運動を継続して、筋肉を動かし、適した体重にコントロールすることも重要です。

 

筋肉がないと、体を動かす時に椎間板にかかる負荷が大きくなり、ヘルニアを起こす可能性が高くなります。

 

姿勢の面では、パソコンやスマートフォンに向かう際、同じ姿勢を長時間続けるようなことは、意識して控えるようにするといいです。

 

 

オススメの運動やストレッチ

 

予防には上の三つも大切ですが、適度な運動も大切です。

 

なので、予防にオススメできるストレッチを紹介していきます!

 

首のストレッチ紹介!

 

 

首前部

 

 

・片側の鎖骨を両手で押さえる

 

・首を抑えた鎖骨と反対側に上げる

 

・20秒ほどキープ

 

 

首の側部

 

 

・首を横に倒す

 

・倒した側の手で軽く引っ張る

 

・20秒ほどキープ

 

 

首の後部

 

 

・頭を軽く前に倒す

 

・頭を手で抱えるように前に引く

 

・20秒ほどキープ

 

 

首の軽い体操

 

 

・首をぐるぐる回す

 

・勢いよくやらずにゆっくりと行う

 

 

 

 

首の筋肉は細かい筋肉で痛めやすいところでもあります。

 

無理に強く行うのではなく、軽めに気持ちの良いところで行いましょう!

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

あなたの腕の痺れや、肩こり、首コリは頚部椎間板ヘルニアの可能性もあります!

 

何事も安易に考えるのではなく、しっかり予防を行っていきましょう!

 

 

ちなみに、頸部椎間板ヘルニアと同じで腕にしびれが出るものもあります。

 

そちらの記事もありますので、是非ご覧ください!

 

腕の痺れの記事はこちらから!

 

 


関連記事

PageTop

PageTop