MENU

BLOGブログ

ストレッチとトレーニングで風邪予防!?

ストレッチとトレーニングで風邪予防!?

皆さん、こんにちは!!!

 

ポジティブストレッチの八木です!!!

 

この頃はコロナウイルスの影響でマスクをされている方をたくさん見ます。

 

もちろん、花粉対策などの方も多くいるかと思います。

 

どちらにしろ普通の風邪でもかかると大変だよな~と。

 

そこでふと思ったのが、ポジティブストレッチで働いているスタッフが、

 

風邪などの体調不良で、、、

 

という話をあまり聞いたことがありません。

 

その秘密は実は、ストレッチやトレーニングにあったり。

 

ということで、免疫力とストレッチやトレーニングの関連性についてお話をしていこうかと思います。

 

 

そもそも免疫力って?

 

 

 

そもそも免疫力は何だと思いますか?

 

免疫力とは、病気などに対抗し体を守ろうとする力のことになります。

 

免疫力が高まると病気になりにくくなります。

 

免疫には、「 自然免疫 」「 獲得免疫 」と言われるものがあり、この 2 つが機能して身体を守ってくれています。

 

私たちの周りには様々な種類のウイルスや菌等がありますが、

 

免疫力がそれら の脅威から私たちを守ってくれるおかげで、健康的な日々を過ごせます。

 

免疫力は 20 歳前後がピークで、その後は少しずつ低下していきます。

 

また、現代人は生活習慣 の悪化やストレスなどで、免疫力が下がっている人も多くいます。

 

免疫力が低下すると、風邪やインフルエンザにかかりやすくなったり、アレルギー体質になる可能 性もあります。

 

この免疫力の向上には、食事や生活習慣の見直しなどが必要になりますが、

 

そこで、実はトレーニングやストレッチがかなり有効だというこをご存知ですか?

 

私たちの体内には、ウイルスなど外から侵入してくる異物に対抗する細胞があります。

 

この細胞の働きを活発化させるためには、エネルギーの生成と一定の高さの体温が必要となります。

 

その為、風邪などを引いた場合抵抗力を強めるために熱が上がります。

 

そして免疫力を発揮するには、深部体温37.2度が必要で、脇の下で測った場合は36.5度くらいと言われています。

 

逆に36度未満の人は免疫力が低下しているといえます。

 

しかし、昔から体温低いからどうしようもない。

 

という方も多いかとお思います。

 

では逆に、なぜ体温が低いのか?と考えたことはないですか?

 

低体温にならない方法としては、身体で熱を作る方法と、外から熱を補う方法の2つあります。

 

そう、そこで効果が期待できるのがトレーニングやストレッチです。

 

トレーニングやストレッチを行い体内からしっかり温めていきます。

 

人間はまったく運動をしなくても臓器などを動かすための筋肉は維持でき、ぎりぎりの体温は保てます。

 

しかし、これは最低限であり、外気の変化や、仕事などでストレスがかかると、

 

血管が収縮血行が悪化したちまち低体温に陥り免疫力も低下してしまいます。

 

だから体調も崩しやすくなってしまう。

 

しかしそこでトレーニングやストレッチを行うことで

 

身体で熱を作る最大の器官である筋肉をつけ、柔軟性を持たし血行を良くし免疫力アップへつながります。

 

だからと言って、いきなり施設に行ってトレーニングはって方もいますよね(⌒∇⌒)

 

そんな方のために、自宅で出来る簡単トレ―ニングと、ストレッチを紹介していきます!

 

 

トレーニング

 

 

 スクワット 

 

 

・肩幅に足を広げ、足先はやや外側に向けておく

 

・背筋を伸ばし、膝がつま先よりも前に出さないよう身体を下げていく

 

・地面と太ももが平行になるまで下げたら、少しの間キープ

 

・その後ゆっくりと元に戻していく

 

・膝を伸ばしきらない位置まで戻す

 

・10〜30回、3セット行う

 

 

 

 クランチ 

 

 

・床に仰向けになり、膝を90度に曲げて脚を上げる

 

・お臍を見るように、腰が上がらない程度まで上体を起こしていく

 

・上体を起こしたら、肩甲骨が付かない程度のところまで身体を倒す

 

・20回3セット行う

 

 

 

 バックエクステンション 

 

 

 

・うつ伏せに寝転がって、手をあごの下で組む。(頭の後ろで組んでもOK)

 

・足を浮かせて身体を固定する

 

・息をゆっくり吐きながらお腹を床につけたまま上半身を起こす

 

・最大限起き上がったらゆっくり戻る

 

・15~20回を3セット行う

 

 

 

トレーニングした部位のストレッチを行うことによって

 

血液の循環を良くし、より体温上昇につながるのでストレッチも紹介です!

 

 

ストレッチ

 

 

 ハムストリングス 

 

 

・片脚は伸ばし片脚は曲げる

 

・猫背にならないよう伸ばした脚の方に倒れる

 

※つま先を引っ張るとふくらはぎも伸びる

 

 

 

 大腿四頭筋 

 

 

・足を伸ばして座り方脚をお尻の方まで持ってくる

 

・後ろにゆっくり倒れる

 

※骨盤を浮かせないようにする

 

 

 

 腹直筋 

 

 

・うつ伏せに寝転ぶ

 

・手で支えながらゆっくりと身体を起こす

 

※反りすぎて腰を痛めないように注意する

 

 

 

 広背筋 

 

 

・猫の背伸びのような恰好を取る

 

・片腕を上げ、伸ばす方と反対に身体を引いていく

 

※角度は各自調整

 

 

(全て20~30秒ほど伸ばす)

 

 

これらは全て大きな体積を持つ筋肉部位なので、しっかり鍛えて筋肉を増やすと基礎代謝がアップします。

 

つまり、体温上昇だけではなく、効率よく脂肪を燃焼できる体質に変化していくということでもあります。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

何か一つやるだけでも効果は出てきますが、

 

組み合わせることによって効果が倍増したりします。

 

面倒な気持ちも分かりますが、

 

せっかくやるのなら中途半端ではなくしっかりやりましょう!

 

皆さんのこれからの健康を祈って(^▽^)/

 

以上、八木でした!!!


関連記事

PageTop

PageTop