MENU

BLOGブログ

水の飲み過ぎには注意!【水中毒】知ってますか?

水の飲み過ぎには注意!【水中毒】知ってますか?

 

水中毒についてお話をしていく、ポジティブストレッチの八木です!

 

水中毒とは聞いたことありますか?

 

水分はしっかり取るのは大切です。

 

しかし!

 

水のとり過ぎも実はよくない!?

 

では一体何がいけないのでしょう?

 

 

水中毒とは?

 

水中毒とは、過剰の水分摂取によって生じる中毒症状になります。

 

 体のだるさや吐き気  めまいなどの症状 が出て、

 

ひどい場合には 意識がなくなったりめまいなどの症状 もあります。



血液中には一定の塩分が必要となっていますが、汗をかくなどして体から水分や塩分が失われ、

 

その後に一度に大量の水を飲むと血液の塩分濃度が下がります。



塩分に含まれるナトリウムは、

 

 体内の水分を適切な状態に調節したり神経や筋肉を正常に機能させたりする役割 を担っているため、

 

塩分濃度が下がりすぎると、「水中毒」の症状が出るおそれがあるということです。

 

特に 学校やスポーツジムなどで運動したあとはのどが乾いて水を一気に飲むことが多く「水中毒」になる危険性 が高くなります。



また、夏場は汗をかくため血液中の塩分の濃度が下がりやすく、水を飲みすぎて「水中毒」になる危険性が高くなります。

 

水分補給は大切ですが、水の一気飲みには気をつけましょう!

 

ちなみに熱中症も塩分不足で起こりますが、熱中症の場合は、発汗の結果、ナトリウムが汗と共に皮膚表面へ失われています。

 

汗をなめると塩辛く感じますし、汗をかいてそのまま放置していると、

 

皮膚に塩の結晶みたいな状態が見られます。その結果、血液内のナトリウムが不足する状態が起こります。

 


一方、水中毒の場合は…従来の血液内のナトリウムは変わりませんが、

 

水で薄められた結果、低ナトリウム血症となるのです。


汗をかいて、塩分が少なくなった状態に、さらに水だけを入れるというのはさらに薄めている結果となっているということです。

 

 

水中毒の症状

 

水中毒になると一体どのような症状を起こすのか見ていきましょう!

 

 130mEq/L :疲労感(軽度のもの) 

 

 120mEq/L :頭痛・嘔吐・精神症状 

 

 110mEq/L :性格の変化・痙攣・昏睡状態 

 

 100mEq/L :神経の伝達が阻害されてしまい、呼吸困難などを引き起こしてしまい結果的に死亡 

 

水中毒を甘く見ている方は多いですが、水中毒は重症度が増すほど命に危険が及んでしまうものです。

 

このことから、水中毒を甘くみずに日頃から気をつけることが必要なのです。

 

 

飲む量の目安は?

 

しかし、こんなこと言われたら水が飲めない!

 

と思われる方もいるかもしれません。

 

水を飲むことは大丈夫です、過剰摂取しなければいいだけです。

 

水の摂取量については、

 

目安として生活活動の レベルが低い集団(例、運動をしていない)の場合には1日にだいたい2.3リットル〜2.5 リットル程度 の水の摂取。

 

生活活動の レベルが高い集団(例、運動をしている)の場合には1日3.3リットル〜3.5 リットル程度 の水の摂取。

 

あくまでもこれは基本的な摂取量です!

 

私たち人間のほとんどがこの基本的な摂取量よりも少ない量で日々を過ごしていると言われています。

 

また、この水の基本的な摂取量は、液体の水だけでなく食べ物に含まれている水も含まれているので、

 

水だけで摂取することが困難な方は水分量の多い食べ物を摂取して補うこともいいですね。

 

一日の摂取量になるのでこまめに分けてしっかり取っていきましょう。

 

 

 

オススメはこれ!

 

スポーツドリンクなどもナトリウム等を補給できるのでいいですがありきたりなので、

 

今回は少し変わったものを紹介させて頂きます。

 

 

経口補水液

経口補水液は、脱水症状だけでなく水中毒の対策としても薦められています。

 

人間の体液に近い成分で作られた経口補水液には、塩分や糖分が含まれています。

 

ナトリウム濃度はスポーツドリンクの2倍~4倍ほどであるため、

 

水分だけでなく十分な量のナトリウムを摂取することができます。

 

ちなみにあまりなじみにない経口補水液ですが、実は簡単に自宅で作ることが可能です!

 

作り方はこちら↓

 

水1Lに対して塩3g、砂糖40gを加え、よく混ぜるだけ

 

こんなに簡単なんです。

 

ちなみにあまりおいしい物ではありません。

 

これが美味しいと感じる時、それは、、、

 

脱水症状が進み、体内の成分が薄くなった時ようやくおいしく感じるようになります。

 

ということは、危険な時に美味しいということなのでこれになる前にしっかり水分は摂るようにしておきましょう!

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

最近、水中毒という言葉を目にするので書いてみましたが、、、

 

お分かりいただけたでしょうか?

 

なんでも、「~しすぎ」はよくないということです!

 

適性な水分補給で夏を乗り切りましょう!

 

 

以上、ポジティブストレッチの八木でした!

 


関連記事

PageTop

PageTop