MENU

BLOGブログ

ストレッチは運動している人だけがやるものではない!?【ストレッチの重要性】

ストレッチは運動している人だけがやるものではない!?【ストレッチの重要性】

 まだまだ知られていない!? 

 ストレッチの重要性! をお伝えしていくポジティブストレッチの屋良です!

 

最近、増えつつある ストレッチ専門店 ですが、まだまだ認知されていない部分もあるんですよね・・・

 

 

いきなりですが、こんなことは聞いたことありませんか?

 

「ストレッチは大切」

「身体は柔らかくした方が良い」

 

こんなことよく聞くけど、

 ストレッチのメリット とは何でしょう?

 

「ストレッチが続かない」

「習慣にならない」

 

そんな方は、この記事を読んで生まれ変わる⁉

今日から目的をもってストレッチが出来るようになるはずです!!!

 

 

そもそもストレッチって何?

ストレッチという言葉は聞いたことがあると思います。

また最近では、筋膜リリースという言葉もよく聞きますね!

 

みなさんが歩けていることも、物を持ち上げれることも、無意識にしている呼吸も、

全て 筋肉が働いている 

から できていることなんです!

 

ですが、筋肉を使いっぱなしで放置しておくと疲労が溜まり、不調を感じます。

時には負担をかけすぎて痛めてしまい、ひどい時は手術が必要になってしまうこともあります。

そうなってしまう前に、普段使っている

筋肉のケア ストレッチ 

で行います。

 

みなさんが日常生活で何気なくしている動作がストレッチだったりするんです!

 

例えば、

長時間のデスクワークが続くと背伸びをしたり、腰をひねったり、首を回したり・・・

この 筋肉を伸ばす動作 がストレッチです!

 

 

では、本題の・・・

ストレッチはどんな人にオススメなの??

みなさんが「ストレッチが必要な人」と聞いて思い浮かぶのは、

 スポーツをしている方 

ではないでしょうか??

 

これは間違いありません!

 

学生の頃、体育の授業や部活動の前後で体操やストレッチをした覚えがあると思いますが、

 

スポーツ前は

 パフォーマンス向上 

 ケガ予防 

 

スポーツ後には

 疲労軽減 

の効果があります!

 

ただし、

ここで 注意すべきポイント! 

 

スポーツ前後で行うストレッチは種類が異なります。

ここで疑問に思うのは、「ストレッチの種類って何があるの?」ってことですよね!

 

ストレッチの種類

ストレッチは大きく分けて、

 静的ストレッチ 

 動的ストレッチ 

の2つに分けられます。

 

みなさんが思い浮かぶストレッチは、

静止した状態で反動をつけずに筋肉を伸ばすストレッチだと思います。

このストレッチが、 静的(スタティック)ストレッチ といいます。

反動をつけない分、時間をかけて筋肉を伸ばすストレッチになるので、ケガのリスクが少ないですね。

 

 

 動的ストレッチ はさらに、

2つに分けられます。

 

1つ目が、

 バリスティックストレッチ です。

静的(スタティック)ストレッチとは違い、

反動をつけて行うストレッチです。

 

例えば、開脚のストレッチを行う際に、前に倒れるように反動をつけることがあると思います。

アキレス腱伸ばしでも踵を上げ下げするように反動をつけて伸ばしたりしますね。

これが、動的ストレッチの中の バリスティックストレッチ になります。

 

 

 

2つ目が、

 ダイナミックストレッチ です。。

スポーツをやっている方は想像がつくのではないでしょうか?

これは、スポーツ前などに行う

ストレッチになります。

ウォーミングアップとして身体を動かしながら伸ばしていくストレッチです。

運動部に所属していた方は、やったことがったり見たことがあるのではないでしょうか?

 

チームで列に並びリズムに乗りながら、脚を振り上げたり、肩を回したりしていたあの動きが ダイナミックストレッチ です。

競技によって身体の動かし方や使う筋肉が違うため、競技特有の動きを入れてウォーミングアップを行うことも少なくありません。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、運動後に私たちの身体を襲ってくる筋肉痛は、ストレッチをしたからといって軽減されることはありません。

 

あくまで、

 翌日に疲労を残さない 

という効果になります!

 

 

 

では、

スポーツをやっている人だけがストレッチをすれば良いの?

 

翌日に疲労を残さないというのは、

 スポーツをやっていない人も同じ です!

 

例えば・・・

デスクワークの方は1日中座りっぱなしなので

肩・首・腰などに疲れが溜まりやすい方が多いと思います。

 

立ち仕事の方でも、姿勢が悪いと腰が重かったり、ヒールを履いていると ふくらはぎがパンパンになったりしますよね。

 

 

これらの疲労もストレッチでスッキリさせることが出来ます!

逆に放っておくと肩こり・首こり・腰痛など お身体の不調の原因 になってしまいます。

ひどくなってしまうと、四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)やヘルニアになってしまうことも考えられます。

 

こういった

 お身体のお悩みをお持ちの方 にもストレッチはオススメです!

 

 

 

 

ちなみに、こんな方はいらっしゃいませんか?

・しっかり睡眠時間もとったのに疲れがとれない

・朝起きても疲れがとれていない

・寝ても寝た気がしない

 

 睡眠の質が悪い ことも筋肉が原因になっている可能性があります。

これは主に、呼吸筋が関係してきます。

毎日休みなく働く呼吸筋が硬くなってしまうことが原因です。

人間は呼吸をしないと生きていけませんが、無意識のうちにしている呼吸もストレッチをすることで呼吸がしやすくなり 睡眠の質 が上がり、ぐっすり眠れるようになります。

 

 

まとめ

いかがでしたか??

「ここまで筋肉が関係しているとは・・・」と新しい発見をした方や、「もちろん知ってました!」という方もいらっしゃると思います。

 

・スポーツをされている方

・お身体でお悩みをお持ちの方

・睡眠の質が悪い方

はストレッチを入念に行う必要があります。

 

特に、睡眠にも関係しているなんて想像しなかったと思いますが、無意識にしている呼吸で使われる呼吸筋をケアすることで睡眠の質もグンっと上がるんです!

 

そんなこと言われても、

「呼吸筋ってなに?」「どんなストレッチをすれば良いの?」

という方が多くいらっしゃると思います。

次回は、 呼吸の仕組み   睡眠の質が上がるストレッチ をご紹介していきます!!!

 

 


関連記事

PageTop

PageTop