MENU

BLOGブログ

眠気覚まし?カフェインの効果と副作用


この記事ではカフェインの効果について紹介します。

ポジティブストレッチの匹田です。

 

はじめに

みなさんはコーヒーエナジードリンクは飲まれますか?

毎朝コーヒーを飲む方や、眠気覚ましや元気が出ない時なんかに飲む方も多いと思います。

そんなコーヒーやエナジードリンクに含まれる カフェイン について、どのような印象をお持ちでしょうか?

カフェインの 効果  副作用 どんな飲み物に含まれているかなど、細かく解説していきます!

 

カフェインの効果

カフェインは、神経を鎮静させる作用を持つアデノシンという物質と化学構造が似ており、アデノシンが本来結合する場所(アデノシン受容体)にとりついてアデノシンの働きを阻害することにより神経を興奮させます

 

カフェインの作用機序と安全性についての論文では

「健常人では、1 回摂取量が 200 mg 以内1 日摂取量が 500 mg 以内、激しい運動を行う場合はその 2 時間以上前にカフェイン単回摂取量が約 200 mg までであれば、安全性の問題は生じていない。

エナジードリング(典型例では、2,000 mL ボトル中に、カフェイン 300~320 mg、タウリン 4,000 mg、グルクロン酪酸 2,400 mg 含有)、あるいはカフェイン 200 mg 未満+アルコール摂取量が 0.65 g/kg(2単位)未満の摂取なら、カフェインの有害作用はほとんど認められていない。

これら複数のデータの総括から、より安全性を考慮すると、成人での 1 日摂取量を 300 mg(5 mg/kg)以内にとどめて摂取すること が、カフェイン関連問題を生じることなく、その有益効果を受けることができるといえる」※1

との記述があります。

つまり、容量を守れば、眠気を覚ましたい時や元気を出したい時には有効ということです。

 

カフェインの副作用

コーヒーは、適切に摂取すれば、がんを抑えるなど、死亡リスクが減少する効果があるという科学的データも知られています。

しかし、カフェインを過剰に摂取し、中枢神経系が過剰に刺激されると、めまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠が起こります。

消化器管の刺激により 下痢や吐き気、嘔吐する こともあります。

長期的な作用としては、人によってはカフェインの摂取によって高血圧リスクが高くなる可能性があること、妊婦が高濃度のカフェインを摂取した場合に、胎児の発育を阻害(低体重)する可能性が報告されています。

 

カフェインの多い飲み物

代表的な飲み物中のカフェイン量
名称 容量(ml) カフェイン量(mg)
玉露 150 150
コーヒー(エスプレッソ) 50 140
コーヒー(ドリップ) 150 135
コーヒー(インスタント) 150 68
抹茶 150 45

 

エナジードリンク中のカフェイン量
名称 容量(ml) カフェイン量(mg)
モンスター エナジー 355 144
レットブル 250  80
リポビタン D 100 50

 

缶コーヒー中のカフェイン量
名称 容量(ml) カフェイン量(mg)
ダイドーブレンド ブレンドコーヒー 185 159
ボス レインボーマウンテンブレンド 185 158
キリン ファイヤ挽き立て微糖 190 137
ワンダ 金の微糖 185 130
ワンダ モーニングショット 190 114
ダイドー デミタスコーヒー 150 114
ボス 贅沢微糖 185 111
ボス 無糖ブラック 185 93
ボス カフェオレ 185

74

 

ペットボトル飲料中のカフェイン量
 

名称 容量(ml) カフェイン量(mg)
サントリー伊右衛門 濃い茶 500 100
サントリー ウーロン茶 500 100
キリン午後の紅茶 ミルクティー 500 80
キリン午後の紅茶 ストレートティー 500 70
伊藤園おーいお茶 500 65
キリン生茶 500 60
キリン午後の紅茶 レモンティー 500 40
コカ コーラ 350

35

※2

そもそも容量が多いこともありますが、意外とペットボトル飲料の中にも結構含まれているんですね!

缶コーヒーに関しては、ペットボトルと違いふたがないので、飲み切らなければならず、ほかの飲み物に比べてカフェインの摂取量が多くなる可能性があります。

 

カフェインの致死量

皆さんは カフェイン中毒 という言葉をご存じでしょうか?

カフェインを摂りすぎたことによって死亡した例があります。

カフェインの致死量は摂取量が5g以上、もしくは血中濃度が200μg/ml以上です。

上記の表から見ても結構な量ですよね。

これをエナジードリンクで摂取しようとしてもほぼ不可能です。

たとえば、モンスターエナジー。

5g摂取しようとすると、約35缶、つまり約12.5Lを一気飲みしなければなりません

カフェイン中毒で亡くなる方のほとんどがカフェインの錠剤を多量に服用したことによります。

 

まとめ

致死量まではいかなくても、摂りすぎることによって体調を崩すことは十分に考えられます。

容量をしっかり守れば眠気覚ましや運動前には効果的な成分です。

みなさんも 取りすぎには注意 してくだださいね!

以上!匹田でした!

 

 

(引用文献)

※1、※2

東京福祉大学・大学院紀要 第6巻 第2号(Bulletin of Tokyo University and Graduate School of Social Welfare) pp109-125 (2016,3)

日常生活の中におけるカフェイン摂取-作用機序と安全性評価- 栗原 久


匹田
ストレッチトレーナー匹田

おすすめ記事

PageTop

PageTop