MENU

BLOGブログ

【ストレッチ継続のコツ】ストレッチは歯みがき感覚!?

【ストレッチ継続のコツ】ストレッチは歯みがき感覚!?

名古屋 ストレッチ専門店「ポジティブストレッチ」の平田です!

 

初めての方は、お店のプロフィールをご覧ください。

 

今回の記事では、ストレッチ、筋トレ、ランニング、ダイエット、睡眠習慣など「わかっちゃいるけど、継続ができず」三日坊主になってしまう方が「どうすれば、継続できるようになるのか?」といった”継続”に焦点を当ててお伝えしていきたいと思います。

 

 

(目次)

①歯みがきとストレッチは似ている!?

②ストレッチの目標設定

③初心者向け!動画で簡単4分間セルフストレッチ法!(実践編)

 

 

①歯みがきとストレッチは似ている!?

 

さて、突然ですがみなさんに質問です!

 

1週間のうち、歯みがきをしない方いらっしゃいますか!?

 

99%の方は、おそらく毎日歯みがき習慣があるかと思います。

特に、歯みがきに関しては「よし!今日は、いつもより気合い入れて歯みがきしまくるぞ!」と意気込むことはほとんどないかと思います(笑)(力を入れて磨きすぎると、歯ぐきから出血してしまいますね(笑))

 

歯みがきの際は、特に意気込むこともなく「当たり前の習慣」として歯みがきをしているかと思います。

また、歯みがきの効果としては主に、口臭予防、歯周病予防、虫歯予防、認知症予防、などがあるみたいです。

 

上記でお伝えした歯みがきのように、ストレッチも「当たり前の習慣」にしてしまうのが一番良さそうですよね!

 

 

「それはわかっているけど、中々継続できないんだよな~」と感じた方も多いかと思います。

 

結論から言いますと、ストレッチは頑張らなくても大丈夫です(*‘∀‘)

 

歯みがきと同じで、ストレッチも生活の一部と捉えてカラダのメンテナンスとして「当たり前の習慣」にしてしまえば自然体で行えるかと思います。

 

歯みがきも毎日しなくなると、虫歯、歯周病、口内の悪臭など様々な口内トラブルが発生する確率が高くなりますよね。

 

カラダも同じで、日々、座ったり、歩いたり、走ったり、筋トレしたりと筋肉を使うことで筋肉が硬くなったり、猫背になったり、基礎代謝の低いカラダになったりと、カラダも同様メンテナンスしてあげないとトラブルが発生する確率が上がりますね。

 

歯みがきとストレッチは形は違えど、メンテナンスや予防手段としては似ているかと思います。

 

最終的には、ストレッチも歯みがき感覚でできるようになるとストレスフリーで継続できるようになるかと思います。

 

筋トレもダイエットも意気込みすぎると、中々続かないことあるかと思います。

 

ストレッチも頑張るのではなく、歯みがき同様の「生活習慣の一部」と捉えてみると、力も抜けてリラックスした状態でカラダのメンテナンスができるかと思います。

 

中々、ストレッチが続かないと困っている方に、最初にストレッチに対する考え方をお伝えしてきました。

 

では、具体的にどうやって「生活習慣」にしていくかというお話を、次の2章でお伝えしていきます。

 

セルフストレッチでなく、マンツーマンのストレッチを知りたい方はこちら!

 

 

②ストレッチの目標設定

 

ダイエットで「6か月後に8キロ痩せる」と数値目標を作るように、ストレッチでも「1年後に、開脚できるようになる」

「6か月後に、猫背を改善する」など目標設定を立てたことがある女性、男性も多いかと思います。

 

 

そもそも、なぜ目標設定をする必要があるのか!?

 

ここを考えることが非常に大切です。

 

目標設定にも、向き、不向きがあることをご存知ですか?

 

①目標がある方が、何かを達成しやすく持続的に継続できるタイプ。

 

②目標がない方が、ジャズのセッションと同じで、その場その場で即興でやるほうが継続できるタイプ。

 

大きく分けると、上記の2パターンに集約されるかと思います。

 

①の目標があるほうが向いてる方は、例えば、ストレッチや筋トレ、ダイエットなど「数値目標」や「行動目標」がないと目的を見失い何のためにやっているのか分からなくなってしまう方。

 

つまり、自分が目指すコンパスのような「指針」がないと、不安になったり、現在地を見失って迷ってしまう方は、目標設定をすることをオススメします。

 

②の目標がないほうが向いている方は、目標が見えた瞬間に先が見えてしまい、やる気を失ってしまう方。

 

つまり、目標を立てずにその場その場のやってること自体が楽しかったり、夢中になれる方は目標を設定しないことをオススメします。

 

目標を立てなくても、楽しくてやっているので、そもそも目標を立てる必要がないかもしれませんね。

 

 

例えば、①の目標があるほうが向いている方は、早く目標を達成したいと焦るばかりで、途中でストレッチを継続していたのにも関わらず投げ出してしまう傾向にあるのではないでしょうか?

 

上記のような方は、マンツーマンでトレーナーと一緒に目標に向かって、一緒に行動目標を立てたり、現在地を共に確認しながら進めていくことをオススメします。

 

 

マンツーマンのストレッチが分からない方はこちら!

 

②の目標がないほうが向いている方は、目標を立てることが逆に苦しくなってしまう経験があるのではないでしょうか?

 

上記のような方は、ストレッチを「歯みがき感覚」で生活の一部として取り入れ、マンツーマンでのストレッチは「メンテナンス」「リフレッシュ」といった目的で取り入れてみるといいかと思います。

 

①、②の両者共に、ストレッチが継続できない原因は「一度に全てをやろう」としてしまうことにあるのではないでしょうか?

 

例えば、そもそもストレッチ習慣がなかった方が今日から全身ストレッチをやるとなると、中々ハードルが高いかと思います。

そう、初めから完璧にやろうとしてしまうかと思います。

 

しかし、ストレッチを継続する上では「ハードルは低く」してみてはいかがでしょうか?

 

 

例えば、まずは臀筋群(お尻)のストレッチを1種類だけでもいいので、1週間続けてみる。

 

1種類を1週間継続できたら、もう一つもも裏(ハムストリングス)のバリエーションを増やしてみて、さらに1週間継続してみる。

 

そんな小さなことの積み重ねで、6か月後、1年後には、ストレッチが歯みがき同様”生活の一部”として「当たり前の習慣」になっているかもしれませんね!

 

継続ができない方の中には「完璧主義」の傾向があると、某論文にても発表されております。

 

小さな成功体験を積み重ねることで、「自己肯定感」も増すみたいです。

 

また、目標がある方は開脚を目指すのか、前屈が手のひらが地面全体につけばいいのか、疲れにくいカラダの獲得、スポーツパフォーマンスUPなどによって取り組む「プロセス」も変化してくるかと思います。

 

まずは、ご自身がどこを目指したいのか!?」を明確にすることが大切なのではないでしょうか。

 

ご自身で分からない場合は、トレーナーとのコミュニケーションを取りながら一緒に見つけていくのも良いかもしれませんね。

 

 

トレーナーに相談しながら、自分の目指す方向性を定めていくことも1つの手段かと思います。

 

友人に話していたら、話している最中に思考が整理されて、考えが明確になることと似ているかもしれませんね。

苦手なことを相談しながら取り組めるのも、マンツーマンのストレッチのメリットかもしれないですね!

 

中々、継続できない方、一度「完璧主義」を脱いでみてはいかがでしょうか?

 

そして、一人で抱えずにトレーナーとマンツーマンで一歩を踏み出してみるのも良いかもしれませんね。

 

※完璧主義が、合う方もいるかと思いますのでご自身での適性診断お願いいたします。

 

 

③初心者向け!動画で簡単4分間セルフストレッチ法!(実践編)

 

雑誌や本、インターネットで「静止画」を観ていても、実際にどう動かせばいいか分からない。

 

こんなお悩みを持ったことがある方もいるのではないでしょうか?

 

今回は、ストレッチが慣れていない方でも「動画」で簡単にできるセルフストレッチをご紹介していきます!

 

※肩こり、首こりをお持ちの方も必見!!

 

 

 

いきなり全身のストレッチをやろうとせず、まずは「1種類を1週間」継続して「習慣化」を目指してみるのではどうでしょうか?

 

さらに詳しくマンツーマンストレッチについて知りたい方はこちら!

 

 

ストレッチスクール開催中です!興味のある方はこちらから!

 

 

栄店
〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄3丁目15−6 栄STビル7F
052-228-0079

名古屋駅前店
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目26-23 名駅エフワンビル3階A号室
052-561-2300

今池店
〒464-0850
愛知県名古屋市千種区今池5丁目4-3 神谷ビル1階
052-439-6550

ストレッチ専門店を「栄、金山、一宮、岡崎、豊橋、豊田」
でお探しの方もWelcomeです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


関連記事

PageTop

PageTop