MENU

BLOGブログ

ボルダリングでもう少しやりたいストレッチ!!

ボルダリングでもう少しやりたいストレッチ!!

ポジティブストレッチの古川です。

 

近年人気のボルダリング

 

名古屋市内にもボルダリングジムが増えてきました。

 

お客さんでも「ボルダリングやってます」って方や「これからボルダリングを始めてみたい」という方も多いです。

 

ボルダリングを始めるきっかけは人それぞれなんでしょうが、まずは一人で始められて自分のペースで行く日や時間を選択できる。また、ジムなどで走ったりマシンで筋トレだけよりも壁を登った時や難しい課題ができた時などの達成感味わえるところにあるのではないでしょうか。

 

ちなみに古川はまだボルダリングが流行る前(まだボルダリングジムがほとんどない時)にフリークライミングをかじったことがあります。

 

その時は実際岩場に行って登ってました。しかし今やっても全く出来ないと思います・・・。

 

そんなわけでストレッチ専門店ならではの目線でボルダリングで有効なストレッチをご紹介していきたいと思います。

 

ボルダリングをされている皆さんは身体の柔軟性の大事さがわかっているのではないでしょうか。

 

そのため日頃からストレッチをされている方が多いと思います。

 

普段は上半身は肩甲骨の動きを中心に、下半身はハムストリング内転筋群を中心に前屈や開脚ができるようにって感じでストレッチをしていると思います。

 

ネットなどで「ボルダリング」「ストレッチ」で検索してみるとやはり「肩甲骨の動き」や「内転筋群(開脚ができるようになる)」のストレッチか多く出てきます。

 

当店でボルダリングをやっている方をパーソナルストレッチしていると肩甲骨の動き、ハムストリング、内転筋群はとてもいいです。

 

やはりこれはボルダリングをしていく上で重要な柔軟性を必要とするところです。

 

が、ストレッチ専門店目線としてはそれだけでは物足りないのです。

 

先程、ボルダリングをやっている方にパーソナルストレッチしているとなぜかお尻(臀筋)が硬めの方が多いです。

 

中でも中殿筋(ちゅうでんきん)」ってところが硬めだったりします。

 

まずは中殿筋のストレッチをしてみましょう!!

 

仰向けに寝て伸ばしたい側の足を反対側に持っていきます。

 

ヒザを手で軽く押さえる感じで。伸ばしたい側の手は横に伸ばしてください。

 

お尻が伸びてきたらその姿勢をキープして20~30秒

 

 

そして次に「深層外旋六筋」!!

 

深層外旋六筋は名前の通り6つの筋肉の総称で、股関節を外旋(外側に回転)させる働きをします。

 

一つ一つの筋肉は小さいですが非常に重要な役割をしています。

 

そして「キョン」がやりにくいな~って方いませんか?

 

これはお尻の奥にあるこの「深層外旋六筋」が硬いことが原因かもしれません。

 

ここが硬いってことは内旋(内側に回転)しにくいということになります。

 

ここもストレッチしてあげましょう!

 

仰向けに寝て両方のヒザを立てて足を肩幅に開きます。

 

伸ばしたい側のビザに反対側の足(くるぶし辺り)を乗せて内側に倒していきます。

 

深層外旋六筋は小さい筋肉の集まりなので痛いと感じるところまで伸ばすより、「かるく伸びてるな」と感じる程度でいいです。

 

 

もし自分の身体が硬いのだけど「どうしたらいいのか?」「どこが硬いのかわからない」などの方は全身くまなく伸ばせる当店で是非パーソナルストレッチを受けてみてください。

 

自分の弱点が見つかるかもしれませんよ。

 

+スポーツ、+健康で笑顔の多い毎日(Enjoy Life)を。

それではまた次回!

++——————————————-

「Welcome to Sports」

 

ストレッチ専門店「ポジティブストレッチ」

名古屋駅前店

450-0002

愛知県名古屋市中村区名駅4丁目26-23 名駅エフワンビル3階A号室

052-561-2300

 

今池店
〒464-0850
愛知県名古屋市千種区今池5丁目4-3 神谷ビル1階

052-439-6550

ストレッチ専門店を「栄、金山、一宮、岡崎、豊橋、豊田」
でお探しの方もWelcomeです!

 

 

 


関連記事

PageTop

PageTop