MENU

BLOGブログ

寝る前の携帯はNG!寝る前はストレッチ!


ポジティブストレッチサンロード店の八木です!

 

皆さんは就寝前には何をしますか?携帯を見る方も多いと思います。

 

実はその行為が睡眠質を落としていたってご存知でしたか?

 

一体何が悪い影響を及ぼしているのか、寝る前は何をすると睡眠の質が上がるのかをお話をしていこうと思います!

 

 

寝る前の携帯はNG?

寝る前にスマホを見ることで睡眠の質を悪くしてしまう影響が出てしまいます。

 

スマホの画面からは ブルーライト という特殊な光が出ており、眼に入ると頭が覚醒してしまう効果があります。

 

まず、これが自律神経への影響です。

 

自律神経は、呼吸や消化、体温調節などの生命活動をコントロールしています。

 

意思とは関係なく常に働き続ける、生命の維持には欠かせない神経です。

 

自律神経には、「 交感神経 」と「 副交感神経 の2種類があります。

交感神経は緊張しているときに活性化する神経であり、人間が活動する日中の時間帯に優位になります。

一方、副交感神経はリラックス状態にあるときに活性化する神経であり、夜になると優位になります。

このように、どちらかの神経が優位になると、もう一方が抑制されるという関係性も知られています。

つまり、夜に体をリラックスさせるためには、交感神経を休ませて副交感神経を優位にすることが大切なのです。

しかし、寝る前にスマホの明るい画面を見ていると、夜なのに交感神経が活性化されてしまいます。

いわゆる「自律神経の乱れ」を引き起こしてしまうのです。

 

そのため、寝る前にスマホを見てしまうと眠気が弱まってしまったり、寝つきが悪くなります。

 

そして、睡眠と言えば無視できないのが睡眠の質に与える影響です。

寝る直前までスマホを操作していると、入眠直後から浅い眠りを繰り返し、やっと深い眠りについたところで朝を迎えてしまうことがわかっています。

関係してくるのが、「メラトニン」というホルモンです。

 

このホルモンは体温や血圧などを低下させて、体を眠りへと導きます。

 

メラトニンは明るい光を浴びると分泌量が減り、反対に、暗いところにいると分泌量が増えるということがわかっています。

 

夜にブルーライトを浴びると、メラトニンの分泌量は減少してしまいます。

結果、睡眠の質が低下し、眠りが浅い状態となってしまうのです。

 

 

寝る前のスマホをやめよう!

 

寝る前のスマホをやめればよいのですが中々やめることが出来ませんね。

 

主な理由として部屋の電気を消した後でも見続けられてしまう、目覚まし時計代わりに使う、寝ている間に充電したりすることが多いので枕元に置く。

などなど他にも理由はあると思いますが、つい手が伸びてしまい環境が出来てしまっているということです。

 

では何時間前までにスマホを見るのをやめればよいのか、、、

 

それはずばり、、、

 

就寝の2時間前

 

です!

 

とはいうものの二時間前はちょっと難しいそんな方も多いのではないでしょうか?

 

そんな方は寝る前にストレッチをオススメします。

 

それはなぜだかご紹介していきましょう!

 

 

寝る前にはストレッチがオススメ!

 

今までは寝る前の携帯はNGというお話をしてきました。

 

では寝る前には何をすると良いのか、、、

 

それはストレッチです!

 

ストレッチを行うことで自律神経のバランスが整えられます。

 

眠るときには、体をリラックスモードにする「副交感神経」が優位になっていることが必要です。

 

ストレッチはそれを導いてくれます。

 

そしてさらに快眠を得るなら「深部体温」が大切です。

 

私たちの体は、内臓のある深部の体温が上がった状態から下がっていくときに、眠気が起こるようになっています。

 

なのでお風呂で少しぬるめのお湯につかるという方法がオススメです!

 

 

どんなストレッチが良いのか?

 

ではどのようなストレッチが良いのかご紹介していきます!

 

今回紹介するのはベッドで簡単に出来る、そして続けやすいということを踏まえたうえで紹介していきます。

 

 

 

背伸び

ベッドの上でバンザイ、肩や肩甲骨周りの緊張がほぐしながら前進を伸ばす

 

10秒キープ

 

 

腰捻り

寝転んだ状態で腰をひねる

 

20~30秒キープ

 

 

もも前

横向きに寝転び膝を曲げお尻まで持ってくる

 

20~30秒キープ

 

 

出来る人はももうら

脚を抱え込み膝をゆっくり伸ばしていく

 

20~30秒キープ

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

実は寝る前のスマホは睡眠の妨げをしていました。

 

スマホを見ながら寝落ちしてしまう。スマホのおかげではなかったということですね。

 

そんな方はただ単に疲れているだけということになります。

 

自分の中のルーティンはあると思いますが身体のことを考えてスマホの時間をストレッチに入れ替えです!(笑)

 

それが難しければスマホを見て寝る直前にストレッチでも効果は望めると思います!

 

一度お試しあれ!

 

では以上ポジティブストレッチサンロード店の八木でした!


八木
ストレッチトレーナー八木

ポジティブストレッチ栄店
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3丁目15−6 栄STビル7F
TEL:052-228-0079
栄駅、三越、松坂屋、ラシックから徒歩3分圏内と利便性が抜群のポジティブストレッチ栄店!ご来店お待ちしております。

この人が書いた記事をもっと読む

おすすめ記事

PageTop

PageTop