MENU

BLOGブログ

ストレス対策と安眠・快眠の為にはストレッチ!!

ストレス対策と安眠・快眠の為にはストレッチ!!

ポジティブストレッチの古川です!

 

 

なかなか寝付けない、途中で目が覚めてしまうなど人によって不眠の悩みもいろいろあると思います。

 

さらに睡眠がとれないことにより、ストレスを解消できないどころかさらにストレスや緊張が加わってしまい悪循環になってしまうのが不眠の辛いところだと思います。

 

その原因はもしかしたら自律神経が乱れているのかもしれません(+_+)

 

 

では、なぜ自律神経は乱れてしまうのでしょうか?

 

 

とその前に、自律神経とは何なのでしょうか?

 

 

自律神経」は、胃や腸の働きや心臓の拍動、呼吸器、代謝や体温の調節などの人が生命を維持していくうえで欠かせない働きを担っていて、24時間働き続けている神経のことを言います。

 

そして自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の相反する二つの神経からなっていてそれがバランスよく働いているのですね。

 

 

交感神経・・・活動時や昼間、ストレスを感じている時に優位に働く

 

副交感神経・・・休息・リラックスしている時や夜に優位に働く

 

 

ストレスは交感神経を優位にします。主にストレスが多いとことが原因となって自律神経のバランスが乱れてしまうのです。

 

過度なストレスでは、交感神経が優位になり自律神経が狂ってくると体調もおかしくなるのですが、その中の一つに身体が硬くなってしまうという体調の変化もあるのです。

 

身体が硬くなるということは、筋肉や筋が緊張している状態になります。すると体から脳への神経伝達もうまくいかずに、さらに自律神経が狂ってしまうことになります。

 

ここまでくるとこの悪循環から抜け出す(自律神経を整える)為にはどうすればいいのか?ってなりますよね。

 

自律神経が狂っている時は交感神経が優位になっている為になかなか副交感神経を必要な時に優位に働かせることが出来ない状態です。

 

どこかで副交感神経を優位にしてリラックス状態に持っていかなければなりません。

 

そんななかでやはり副交感神経を優位にする一番ベストのタイミングは寝る前ではないでしょうか。

 

寝る前に副交感神経を優位にして身体をリラックス状態にし快眠・安眠へ導いてあげるのがいいと思います。

 

そして副交感神経を優位にするには色々は方法があるのですが、ストレッチをするのが一番お手軽だと思います。

 

ストレッチには筋肉の緊張を緩め血流を改善し、神経機能を向上させてくれる効果もあります。

 

またお風呂にゆっくり入って身体を温めてあげることでも副交感神経を優位にしてくれます。

 

さらにお風呂に入って身体を温めた後にストレッチをしてあげればストレッチの効果も上がりますし、副交感神経もさらに優位にしてくれます。

 

そうすることによって副交感神経を優位にしてあげ身体が眠りやすい状態にもっていきます。

 

是非、なかなか寝付けないなど不眠の悩みがある方は寝る前にストレッチをしてみてください!

 

 

 

+スポーツ、+健康で笑顔の多い毎日(Enjoy Life)を。

それではまた次回!

++——————————————-

「Welcome to Sports」

 

ストレッチ専門店「ポジティブストレッチ」

名古屋駅前店

450-0002

愛知県名古屋市中村区名駅4丁目26-23 名駅エフワンビル3階A号室

052-561-2300

 

今池店
〒464-0850
愛知県名古屋市千種区今池5丁目4-3 神谷ビル1階

052-439-6550

ストレッチ専門店を「栄、金山、一宮、岡崎、豊橋、豊田」
でお探しの方もWelcomeです!


関連記事

PageTop

PageTop