MENU

BLOGブログ

【在宅ワークで腰痛悪化】ストレッチで腰痛解消!

【在宅ワークで腰痛悪化】ストレッチで腰痛解消!

 在宅ワークで腰痛が悪化した方向けの内容をお届けしていく、ポジティブストレッチ平田です! 

 

新型コロナウイルス感染拡大に基づいて、オフィスに出勤していた方も在宅ワーク中心の生活に切り替わった方も多いのではないでしょうか!?

 

ポジティブストレッチにご来店頂くお客様の中でも、在宅ワークに切り替わった方も多数いらっしゃいます。

 

その中で、お身体のお悩みで多い声がこちら!

 

 

 

 「在宅ワークで、長時間座ることが以前よりもさらに増えて、腰痛や肩こりの症状がひどいです。」 

 

上記のような困り事を抱えていらっしゃるお客様が増えております。

 

そこで、今回の記事ではそんな在宅ワーク中心の生活に切り替わり 「腰痛が悪化」 してしまった方へ効果的な腰痛解消ストレッチをお届け致します。

 

 

長時間座りっぱなしによる、健康リスクとは!?

 

普段からデスクワークが基本の方も、今回のコロナウイルスの影響により在宅ワーク中心の生活になった方も共通して 「1日の大半を座って過ごす」 ことが増えたのではないでしょうか?

 

そこで、皆さんが気になるのは長時間座りっぱなしによる健康被害ですよね。

 

こんな症状が気になる方は、この先も読み進めてみてください!

 

在宅ワークになっての健康状態
・在宅ワーク中心の生活になって、姿勢が悪いと感じる(もしくは、家族や友人から指摘される)

 

・最近、身体が重だるい。

 

・以前より、カラダの冷えを感じる機会が増えた。

 

・長時間座りっぱなしで、腰痛が悪化。

 

・以前より腰が痛くなることが増えた。

 

・お腹がぽっこりしてきた。

 

・背中が時々痛くなる。

 

さて!長時間座りっぱなしによる健康被害とはいったいどんなことがあるのか!?

 

ここから本題に入っていきます。

 

 

長時間座りっぱなしによる健康被害

 

ご存知の方も多いかと思いますが、長時間座りっぱなしによる健康被害で、まずは 血流の悪化 が上げられます。

 

人間の身体の筋肉の約70%は下半身に集中しており、下半身を長時間動かさないと全身の血行不良を引き起こし、代謝機能の低下を招く原因となります。

 

世界保健機関でもあるWHOも、長時間の座りっぱなしによる健康被害への警鐘を鳴らしているみたいです。

 

長時間の座りっぱなしによる健康被害は、内臓や内分泌系にも影響があると言われております。

 

主な健康被害はこちら。

 

長時間座りっぱなしの主な健康被害
糖尿病

高血圧

脳梗塞

動脈硬化

心疾患

肩こり、腰痛

冷え性

猫背

 

などなど、まだ他にもありますが出来ればなりたくない症状が多数占めているかと思います。

 

ちなみにオーストラリアの研究機関によると、人間は 1時間以上座り続けると寿命が22分縮まる みたいです。

 

 

座っている時間が4時間未満の人と、11時間以上座っている人では死亡リスクは40%増加するとも言われているみたいです。

 

 理想は、30分~45分に1度は立ち上がって歩いたり、ストレッチしたり、トイレに行く など身体を動かす機会を増やすことが血流悪化防止には良いと言われています。

 

ぜひ!

在宅ワークや、デスクワークで長時間座る機会が多い方は参考にして頂ければと思います。

 

血流悪化防止策
こまめなストレッチ 立つ、周辺を歩く

こまめな水分補給(無糖炭酸水がオススメ!)

15分程度の仮眠

太陽を浴びながら10分程度の散歩

1分程度の深呼吸

 

腰痛の85%は、猫背が関係していた!?

 

さて!

長時間座りっぱなしによる健康リスクについて知ったところで、在宅ワークで気になる腰痛の特徴についてお伝えしていきたいと思います!

 

皆さんに質問です!

 

長時間座っていると、こんな姿勢になっていることはありませんか!?

 

 

長時間座っていると、自然と腰や背中が丸くなり 「猫背姿勢」 になることが多いかと思います。

 

骨盤が後傾するため、腰椎の自然なカーブが崩れて、腰回りに負担がかかってしまいます。

 

一方で、猫背姿勢が長時間続くことで血流も悪化し、筋肉に必要な酸素や栄養素も行き渡らなくなり、どんどん筋肉が硬くなります。

 

在宅ワーク中心の生活になって、腰痛や肩こりが悪化している方が増えているみたいです。

 

最近は、スマホやPCが普及して猫背姿勢が慢性化している方も多く見受けられるようになりましたよね!

 

 

オフィスで周りを見渡して頂くと、 デスク作業中に首がぐっと前に出ている人 も何人かいらっしゃるかと思います。

 

もちろん、猫背姿勢は肩こり、首こりへの影響も多くあります。

 

さらに、猫背姿勢は疲れた印象を相手に与えてしまう可能性もあるため人前に出る機会が多い経営者、営業マンの方は注意したいとこですね!

 

 猫背姿勢が慢性化すると、姿勢を保持している腹筋や背筋の筋力は衰えていきます。 

 

腹筋や背筋の筋力低下によって、背骨を支える力が弱くなり結果として、腰痛を引き起こす可能性が高くなります。

 

そんなこと言っても正しい姿勢は分からないしな~…

 

そんなあなたのために!

 

目安となる正しい座り姿勢の基準

 

 

 

 写真を見てお分かり頂けるかと思いますが、耳たぶ~大転子(骨盤横)のラインが一直線になってると思います。 

 

時々、鏡で自分の姿勢をチェックしてみるも良いかもしれませんね!(^^)!

 

PS

 最後に、在宅ワークの合間に「ながらでできる」ストレッチ動画載せておきます! 

 

 

在宅ワークで悪化した腰痛を”ながら”で解消!ストレッチ動画!

 

 

生活の一部にストレッチを取り入れて頂き、快適な生活を送ってみてはいかがでしょうか(#^^#)?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


関連記事

PageTop

PageTop