MENU

BLOGブログ

肩こり・首コリはストレートネックから?

肩こり・首コリはストレートネックから?

 

 

ポジティブストレッチの八木です!

 

皆さんはよくスマートフォンを見たりしますか?

 

スマートフォンだけではなくパソコンの画面もそうです。

 

その時、首だけ前に行っていませんか?

 

実はそれが肩こりや首コリの原因かも?

 

一般的にストレートネックと言われるこれは何なのか見ていこうと思います。

 

 

 

ストレートネックとは

 

ストレートネックとは、ゆるやかにカーブしているはずの首の骨(頸椎)が、

 

首を前に出した姿勢を続けたことによってまっすぐになってしまった状態のことです。

 

真っ直ぐが正しいと思うかもしれませんが、少し湾曲のある方が正しいものになります。

 

 

ちなみにストレートネックになってしまう多くの理由としては、

 

 

長時間のパソコン操作(デスクワーク)

 

同じ姿勢での読書

 

同じ姿勢でのスマートフォン

 

高すぎる枕

 

 

などと言うのがあります。

 

今、紹介したものだけでもいいのでこれを想像してみて下さい。

 

全て同じ姿勢ではないですか?

 

 

また角度によっても負担の大きさは変わります

 

0度  約4~6kg
15度 約12kg
30度 約18kg
45度 約22kg
60度  約27kg

 

 

小さい頭ですが、こんなにも首に負担を与えてるんですね

 

 

ストレートネック診断

 

ストレートネックがどいうものかなんとなく分かったところで

 

自分がストレートネックかどうか確かめてみましょう!

 

やり方は簡単!

 

壁に体を当てて気を付けの姿勢を取ります。

 

ストレートネックでない場合は

 

後頭部、肩甲骨、お尻、かかとの4ヵ所が特に意識しなくても自然と壁につきます。

 

 

ストレートネックの場合は

 

後頭部が壁につかなかったり、意識的に首を後ろに倒さないとつかないです。

 

 

 

 

皆さんはどちらでしたか?

 

このストレートネックは身体の不調を招く原因になります。

 

 

ストレートネックが原因で身体に不調?

 

ストレートネックと言うだけでいろんな不調が身体に現れます。

 

 

1.筋肉疲労による肩、首、背中の痛みやハリ感

 

ストレートネック(スマホ首)になってしまうと、体の約10%の頭部の重みが頸椎にそのまま圧し掛かり、

 

首周りの筋肉や神経に大きな負担を与えます。

 

そのため筋肉が疲労してしまい、首を中心に肩や背中に痛みが発生してしまうのです。

 

また、首周りの筋肉に大きな負担をかけ続けているので、痛み同様、筋肉のハリ感も感じてしまうことがあります。

 

 

2.肩こり、首こり

 

首周りの筋肉が緊張してしまうので、首や肩もこってしまいます。

 

ここで注意してほしいのが、ストレートネック(スマホ首)が引き起こす首こりや肩こりは、放置してはいけないということです。

 

悪化すると、席だけでも痛みがでたりします。

 

 

3.頭痛、吐き気、めまいやイライラ、不眠等の症状

 

頸椎の負担がかかる位置により、現れる症状が異なってきます。

 

頸椎の上部に負担がかかると、緊張性の頭痛やめまい、吐き気などといった症状が現れやすくなります。

 

また、自律神経に支障をきたしてしまうので、イライラや不眠といった精神面にも症状が現れてしまいます。

 

 

4.手や腕のしびれやヘルニア

 

頸椎の下部に負担がかかると、手や腕のしびれといった症状が現れます。

 

また更に悪化すると、頸椎と頸椎の間にある椎間板が本来の位置より突き出してしまい、

 

頸椎椎間板ヘルニアになってしまうケースも少なくはありません。

 

 

では、こんなに怖いストレートネックは治るのでしょうか?

 

 

ストレートネックはストレッチや体操で改善?

 

実は、ストレートネックは簡単なストレッチや体操で改善できるんです!

 

そんな、簡単ストレッチや体操を紹介していきたいと思います。

 

 

顎押し体操

 

1、背筋を伸ばして正面を向き、あごを引く

 

 

 

2、あごに手を置き、頭ごと動かすようにあごを後ろへ押す

 

 

 

3、そのままの状態で手を離し、天井を見上げるよう首を上へ上げて5秒間キープ

 

 

 

 

タオルで体操

 

1、両手でタオルの端を持ち、首の後ろに当てる

 

 

 

2、頭を後ろに軽く倒しつつ、両手を斜め上に引っ張る

 

 

3、その状態のまま、ゆっくりあごを引いて、あごをのどに引き付けたところで5秒間キープ

 

 

 

首ストレッチ

 

 

1、左右に首を倒す

 

 

2、倒したら軽く手で押さえる

 

 

3、15~20秒で行う

 

 

 

 

1、上を向き顎をしゃくり上げる

 

 

2、鎖骨のあたりを軽く引く

 

 

3、15~20秒キープ

 

 

今悩んでる方はもちろん、若干ストレートネックぎみかな?と思った方も一度試してみて下さい!

 

体操は2~3セットで行うといいです!

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?

 

普段何気なく肩こり厄日コリで悩んでる方。

 

実はストレートネックが原因かもしれませんね!

 

首こり肩こりで済めばいいですが、それより悪化していく可能性は存分にあります。

 

手に痺れや頸椎椎間板ヘルニアなどを起こさないためにも早めから対処をしていきましょう!

 

では以上八木でした!!

 


関連記事

PageTop

PageTop