MENU

BLOGブログ

【デスクワーク】IT企業のオフィスでストレッチしてきました!

【デスクワーク】IT企業のオフィスでストレッチしてきました!

長時間デスクワークで肩こり、猫背で困ってる某IT企業のオフィスでストレッチしてきた、ポジティブストレッチ平田です!

 

いつも来ていただいてるお客様から「長時間デスクワークすることが多いスタッフさん達に、オフィスで簡単に出来るストレッチを教えてほしい」という要望がありましたので、ポジティブストレッチ栄店 店長の平田が行ってまいりました。

 

 

 【デスクワーク】IT企業でのセルフストレッチ講習の様子はこちら! 

 

 

愛知県は新栄にあるAI技術の研究開発から応用まで幅広いサービスを提供するITベンチャー「来栖川電算」様にて、「オフィスで出来る簡単セルフストレッチ」講習の様子。

 

 

 

「オフィスで出来る簡単セルフストレッチ」講習の合間には、総勢20名いたスタッフさんと楽しい雰囲気の中コミュニケーションでストレッチも捗りました。

 

 

 

【前屈大会】スタッフさんの中には小学生以来の前屈だったとか!?(笑)

 

 

来栖川電算様のスタッフの皆さんは、ものすごくフレンドリーで終始楽しく「オフィスで出来る簡単セルフストレッチ」をお伝えすることができました。

来栖川電算様のスタッフの皆さん、ありがとうございました。

 

来栖川電算様のホームページのブログでも、「オフィスで出来る簡単セルフストレッチ」講習の様子が紹介されていました。

 

positive stretchの平田さんにお越しいただきました

 

ここ最近デスクワークが多いIT企業さんの中には、福利厚生の一環でオフィス内にマッサージルームを完備したり、トレーニングジムを併設したり、カフェテリアを併設したり、昼寝(シエスタ)制度を導入したり等の、「健康への投資」目的での福利厚生の充実が目立ちます。

 

長時間デスクワークすることで、健康や身体への影響は以下のようなことが考えられます。

 

長時間デスクワークでの健康への影響
肩こり、首コリの悪化

眼精疲労の蓄積による集中力の低下

腰痛の悪化

猫背

柔軟性の欠如

自律神経の乱れ

運動不足

ぽっこりお腹

反り腰や冷え性、むくみ

 

まだまだ他にもありますが、長時間のデスクワークで仕事のパフォーマンスにも影響が出てくることもあるかと思います。

 

また、アメリカの研究で1時間座り続けると寿命が22分短くなるというデータもあるのだとか。

 

シドニー大学が世界20か国を対象に平日座っている時間を調査した結果、最も長く座っているのが日本人だったとか。

 

世界20か国の平均は約5時間(300分)に対して、日本は平均は約7時間(420分)

アメリカが250分程度と比較すると、かなり長時間座り続けていることがわかるかと思います。

 

座り続けることで、人体の筋肉の中で約70%を占める下半身の筋肉が動かないため、血流が悪化し、代謝機能が低下することが考えられます。

 

長期的には、糖尿病や高血圧、脳梗塞、心疾患、うつ病、認知症などの病気の原因にもなりかねないのだとか。

 

座りすぎは、タバコやアルコールより危険だとも言われています。

 

1時間に1回は席を立ちあがり、5分間簡単なストレッチやウォーキング等を行うことで血流の改善、集中力もUPして、仕事の生産性も高まるかもしれませんよ!

 

 

 

デスクワークの皆さんも、ぜひ!オフィスで簡単なストレッチやってみてくださいね!

 

自分でやるストレッチがいまいち分からないという方はこちら!

 

 

名古屋発ストレッチ専門店ポジティブストレッチ「公式YouTube」をご覧ください!

 

 

 

 

 


PageTop

PageTop