MENU

BLOGブログ

身体が硬い方もできるストレッチ!?

身体が硬い方もできるストレッチ!?

ポジティブストレッチ西手です。

 

今回は身体が硬い方も出来るストレッチを紹介したいと思います。

 

までで、伸ばそうと思っても...

 

・ストレッチの姿勢が取れない!

・攣りそうになる

伸ばそうとすると苦しい などと感じたことはないですか?

 

YouTubeではすでに紹介したストレッチになりますが、詳しく紹介したいと思います。

 

 タオルを使ったストレッチになります。 

タオルを使うことで、普段伸ばすことができない強さを伝えることができます。

タオルストレッチのいいところは、何と言ってもタオルがあればすぐにできること。

トレーナーがいらないので難しく考えず、自宅で自分の好きな時間に始めてみましょう。

場所もとらず、テレビを見ながらでもできる気楽さが魅力です。

また、身体が硬いと感じる人でも、タオルをうまく使うと意外と簡単に身体を伸ばすことができるもの。

自分でタオルにかける力を調節できるので、身体に無理な負担をかける心配もなく、腰痛や肩こりの方も簡単に行えます

 

普段あまり運動していない人にとっては、使っていない筋肉を伸ばすことで血行が良くなり、足のむくみや疲労回復に効果が期待できます。

ストレッチ一つ一つの方法は、家事や仕事の合間のちょっとした時間にできるものばかり。

ウォーキングやランニングはちょっと敷居が高いかな……と感じる人にとっても、取り組みやすい運動の一つなのです。

もちろん、スポーツ後にも適していますよ!!!

 

早速ですが、実際に家の中にあるタオルを用意して始めてみましょう。

1日1回、1セットからでも大丈夫。

朝の時間帯であれば、ウォーミングアップ代わりに身体をほぐすことができ、気分よく一日がスタート!

夜の時間帯であれば1日がんばった身体をケアし、ゆっくりストレッチすることでリラックス効果が期待できます。

 

ストレッチの効果
・パフォーマンスUP ・柔軟性UP ・疲労回復 ・ケガ予防 ・血行促進

 

今回ストレッチするのは太ももの裏!(ハムストリングス)

紹介するのは2つ!!!

まずは、膝を伸ばしたバージョンを!

 

①仰向けに寝転び、踵にタオルを引っかけます。

②膝を伸ばしたまま、脚を上にあげていきます。

③痛気持ちいいくらいの強さでキープし、20~30秒数えていきましょう!

④もちろん、反対も行っていきましょう!

 

次は、膝を曲げたバージョンを!!!

 

①仰向けに寝転び、踵にタオルを引っかけます。

②膝を曲げたまま、膝を胸に近づけます。

③膝の位置は変えずに膝を伸ばしていきます。

④痛気持ちいいくらいの強さでキープし、20~30秒数えていきましょう!

⑤もちろん、反対も行っていきましょう!

 

どうですか?

違う部分が伸びている感覚はありますか?

膝を伸ばせば、膝に近い部分が、

膝を曲げれば、お尻に近い部分が伸びていきます!

 

違いを感じながらストレッチしてもらうことで、効果もより出やすくなっていきます。

伸びている筋肉を意識することによって、筋肉の抵抗も弱くなり伸びやすくなっていきます。

 

ただし!!!

頑張りすると筋肉を傷める原因にもなります。

痛みが出ているのにさらに強く伸ばそうとしたり、力んだまま伸ばし続けたりすると、筋肉自体が傷んでしまいます。

なので、「痛気持ちいい」強さというのを見つけましょう!

痛みがあるが耐えることができ、ストレッチ後はスッキリ感がある強さです!

 

わからないという方は、痛みが出ない範囲でも構いません。

是非一度試してみてくださいね!

 

動画で見たい方はYouTubeでも載せているので、「ポジティブストレッチ」で検索してみてください!

以上、ポジティブストレッチ西手でした。

 

 


関連記事

PageTop

PageTop