MENU

BLOGブログ

身体が硬くなるなぜ?

身体が硬くなるなぜ?

何故身体は硬くなってしまうのか?

 

そんな謎に迫っていくポジティブストレッチの八木です!

 

筋肉を柔らかくしましょうと言う話はよくさせて頂きますが、

 

そもそもなぜ筋肉が硬くなってしまうのかというお話はしたことがなかったですね。

 

では一体どのようにして筋肉は硬くなっていってしまうのかお話をしていこうと思います!

 

 

筋肉は何故固くなるのか?

 

筋肉が硬くなる仕組みとしては、「原因はストレスであることが多いと言われていて、ストレスを受けて交感神経が優位になると筋肉が硬くなる」とされています。

 

ストレッチには筋肉を伸ばすのは勿論、自律神経系の働きを整え副交感神経が優位にさせると言う効果もあるのでよりよいですね。

 

他に主な原因として筋肉の萎縮、緊張、などがあります。

 

筋肉は使わなければ衰え、筋肉を構成する筋線維も短く細くなっていきます。

 

骨折などでギプス固定をした人は経験があるかもしれませんが、

 

長期間動かさなければ筋肉は委縮し、関節はほとんど動かなくなってしまうのです。

 

また可動域は一時的に低下してしまう場合もあります。

 

それは、筋肉の緊張によるものです。

 

たとえば草むしりなどでしゃがんだ状態を長時間続けた後、立ち上がったときに腰が伸びないなど。

 

同じような作業を長時間行った場合、筋肉の疲労によって緊張が高まり、柔軟性を著しく低下させます。

 

この場合、ある程度の時間が経てば改善することが多いでしょう。

 

ただし、同じような状況を繰り返すことで筋緊張が取れず、だんだん硬くなってしまうということも起こり得ます。

 

ほとんどの場合がこれになるかと思います!

 

 

身体が硬くなったと感じている人の見直しポイント!

 

身体の固まりを感じている方、今から紹介するのに当てはまっていませんか?

 

 

1、同じ姿勢でいることが多い

 デスクワークなど仕事や勉強で同じ姿勢を続けることが多い人は、筋肉を動かす機会が少なく、柔軟性が低くなりがちです。

 

普段から運動を心がけている人なら問題ありませんが、まったく運動しないといった人は身体が硬くなる一方です。

 

たとえ仕事で身体を動かしている人でも、いつも同じ動きであれば使っていない筋肉は硬くなってしまうので要注意です。

 

 

2、トレーニング前後のケアが不足している

 日頃からトレーニングをしている人でも、トレーニング前後のカラダのケアが不十分であることで柔軟性が低下している人がいます。

 

特にトレーニング後はケアが重要になります。

 

トレーニングで縮こまった状態の筋肉を伸ばすことによって、筋肉の疲労を改善することともに柔軟性の向上にも繋がります。

 

 

3、寒さなどの環境による要因

寒さや湿気など血行に影響する外的要因は、柔軟性に大きく関わると言われています。

 

ただしこれらの外的要因は、自分でコントロールすることが不可能ですね。

 

そのため、血行が悪くならないよう着るものに気をつけたり、保温を心がけるといった対策をすると良いです。

 

 

どうですか?

 

私当てはまった!そんな方は身体の固まりを促進していますよ!

 

そして皆さんの中でも多い疑問は身体の硬さに年齢は関係するのか?だと思います。

 

ストレッチ専門店でお仕事をしていると、

 

「年を重ねるごとに身体が硬くなってきた」

 

「年齢を重ねると硬くなるんだね」

 

なんてことが多々あります。

 

しかし実はそれ、年齢が原因ではありません

 

上の文を読んでいると想像が出来るかもしれませんがその多くは、運動不足などによる筋委縮・筋緊張などが原因なのです。

 

中には「子どもの頃はあんなに柔らかかったのに」「赤ちゃんはあんなに柔らかいのに」と思われる方もいるかもしれませんね。

 

これは、子どもの時期はカラダの成長が完成されておらず、関節や関節周囲の組織がしっかり完成していないため柔らかいのです。

 

だから比べてしまうだけ意味がないということです!

 

身体が硬くなってしまうのは生活習慣が影響しているということですね。

 

 

ストレッチをしよう

 

固くなってしまった身体を柔らかくするにはストレッチを行うしかありません。

 

ストレッチのやり方が分からない、硬すぎてストレッチができない、そんな方でもできるストレッチを紹介していきます!

 

ももうら

・少し高さのある台に足を乗せる

 

・膝を曲げず、ゆっくり足に身体を倒す

 

・20~30秒キープ

 

 

お尻

・椅子に座り脚を四の字に組む

 

・身体を丸めずまっすぐ前に倒す

 

・20~30秒キープ

 

 

もも前

・地面に座った状態で足を伸ばす

 

・片脚をお尻まで持ってきてゆっくり体を後ろに倒す

 

・20~30秒キープ

 

 

腰回り

・仰向けに寝転び片脚を反対側まで端を持ってくる

 

・肩を浮かさないように行う

 

・20秒ほどキープ

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

身体が硬くなってしまうのは何故だか分かりましたか?

 

硬くなってしまった身体にはストレッチで柔軟性を取り戻すしかありません!

 

やり方が分からない方はポジティブストレッチへ!

 

以上、ポジティブストレッチの八木でした!


  • 八木

    八木

  • 2020.10.29

  • ポジティブストレッチ栄店
    〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3丁目15−6 栄STビル7F
    TEL:052-228-0079
    栄駅、三越、松坂屋、ラシックから徒歩3分圏内と利便性が抜群のポジティブストレッチ栄店!ご来店お待ちしております。

    八木の記事一覧へ

PageTop

PageTop