MENU

BLOGブログ

巻き肩になってませんか?

巻き肩になってませんか?

ポジティブストレッチの古川です。

 

自分が猫背で姿勢が悪く何とかしたいと思っている方が多いと思います。

 

確かに猫背の方も多いとは思いますが、施術していると実は巻き肩という方も多くいらっしゃいます。

 

 

巻き肩って何?猫背と同じじゃないの?と思われている方も多いと思います。

 

そこで今回は巻き肩について書いていきたいと思います。

 

まず、巻き肩と猫背の違いから。

 

巻き肩・・・肩甲骨が外側に広がり肩が内側に丸まっている(横の湾曲)

 

 

猫背・・・背骨の胸部分(胸椎)が普通より大きく曲がった状態(縦の湾曲)

 

ざっくり言うと縦の湾曲か横の湾曲かの違いです。

 

 

巻き肩になると・・・

 

前に丸まっているために胸部分が圧迫されて狭くなってしまっています。

 

そのために呼吸が浅くなってしまいます。

 

また、肩周りの血行が悪くなってしまうため、肩こりや首のこり・頭痛を引き起こす原因になることもあります。

 

 

もしかして「巻き肩」かな?と思った方は簡単にチェックできるので確かめてみでください。

 

鏡向かって力を抜いて、自然に両手を垂らした状態でまっすぐ立ちます。

 

 

手の甲が少しでも前を向いているなら(写真の左側のように鏡に映っているなら)巻き肩です!!

右のように手の甲が見えなければ大丈夫!!

 

 

巻き肩になってしまう原因は、普段の姿勢が大きく関わっています。

 

たとえば・・・

 

スマートフォンやパソコンなどデスクワークで長い時間前かがみの姿勢をしている。

 

洗い物や料理、掃除機をかけるなど、自然にうつむくような姿勢をとりがち

 

寝る時の姿勢が横向き

 

など・・・

 

 

同じ姿勢で長時間いるとのその状態で筋肉が硬くなってしまいます。

 

かといってなかなかこういった姿勢にならないようにすることを止めるのは難しいと思います。

 

その為ストレッチして硬くなってしまった筋肉に柔軟性を取り戻してあげましょう!

 

 

まずは胸の筋肉から!!

 

 

壁を使ってストレッチをしていきます。

 

壁が横になるように立ち

 

そのとき

・腕を肩の高さの位置まで上げる(少し高くても良い)

・肘を曲げる(だいたい90度)

 

そして、身体が前に腕は後ろに行くようにストレッチしていきます。

 

伸びている感が弱い場合は身体よ回旋(ねじる)させるとより伸びてくれます。

 

肩甲骨も動かしてあげましょう!!

 

手を肩に付けてあげて肘(ひじ)を出来るだけ大きく回します。

 

20回ほど回してください。逆回しでも同じく20回ほど。

 

そうすることで肩甲骨が動いてくれるようになります。

 

 

+スポーツ、+健康で笑顔の多い毎日(Enjoy Life)を。

 

それではまた次回!

 

++——————————————-

「Welcome to Sports」

 

ストレッチ専門店「ポジティブストレッチ」

 

栄店
〒460-0008

愛知県名古屋市中区栄3丁目15−6 栄STビル7F
052-228-0079


名古屋駅前店
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目26-23 名駅エフワンビル3階A号室
052-561-2300

今池店
〒464-0850
愛知県名古屋市千種区今池5丁目4-3 神谷ビル1階
052-439-6550


ストレッチ専門店を「金山、一宮、岡崎、豊橋、豊田」
でお探しの方もWelcomeです!

 


関連記事

PageTop

PageTop