MENU

BLOGブログ

スポーツの秋到来!スポーツ&ストレッチでenjoy lifeを!

スポーツの秋到来!スポーツ&ストレッチでenjoy lifeを!

ポジティブストレッチの谷川です。

もうすぐになりますね。秋といえばスポーツの秋!

 

 

みなさん、スポーツ(運動)してますか~?

 

私は、ジムに行って筋トレをしたり、昔からしているサッカーをしたり、たまにボルダリングなど、仕事をしながらもenjoyしてます!

 

 

「仕事が忙しくてなかなかできない」「スポーツ(運動)なんて全然してこなかった」「怪我しないか不安」なんて妥協して諦めていませんか?

それにも関わらず、求めるものは健康いい姿勢ストレス解消…などなど、矛盾しているんです!

上記の皆様が求めていることは、スポーツ(運動)やストレッチで解決できるんです!

では、詳しく解説していきますね。

 

〈目次〉

そもそもスポーツ(運動)をすることでの効果とは?

ストレッチの効果とは?

スポーツとストレッチの関係性とは?

これから始めてみたい!オススメのスポーツ(運動)は?

「今すぐ」やっておきたいセルフストレッチ!

ご紹介していきます!

 

 

そもそもスポーツ(運動)をすることでの効果とは?

 

スポーツ(運動)って激しい動きだったり、疲れたり、学生時代の部活のイメージが強いかなと思います。

しかし、社会人になってからは、そこまで激しく行ってしまうと、怪我の恐れもあるので、仕事に支障が出ないようにしますよね。

なので、どちらかというと健康志向なスポーツ(運動をすることが多いと思います。

 

ウォーキングやランニング、ジムなどが一般的ですね

 

では、そのスポーツ(運動)には一体どんな効果が期待されるのか?

 

 

大きく2つに分かれます。身体的効果精神的効果

①身体的効果

・体力、筋力の維持および向上

・生活習慣病の予防(メタボリックシンドロームやロコモティブシンドローム)

・心配機能の向上

・腰や膝の痛みの軽減

・血行の促進

・風邪予防

etc…

②精神的効果

・認知症の低減

・不安や抑うつの解消

・気分転換やストレスの解消

etc…

 

どうですか!

 

スポーツ(運動)をすることでこれだけの効果が期待されます!

スポーツ(運動)をしていない皆さん、上記の効果の逆…つまり、身体的もしくは精神的に支障が出ていませんか?

スポーツ(運動)をしていても支障が出ている方、それはやりすぎです。無理なく適度に行ってくださいね。

 

 

例えばこんなことありませんか?

「仕事でストレスが溜まったな」スポーツ(運動)をしましょう。発散、発散!

「お腹に肉がついてきたな」スポーツ(運動)をしましょう。有酸素運動!!!

「カラダが凝り固まって気分もガタ落ち」スポーツ(運動)をしましょう。身体もスッキリ!心も気分爽快!

 

 

この記事を読んだあなた!

これを「きっかけ」にスポーツ(運動)を始めてみませんか?

 

 

(続きまして…)

 

 

ストレッチの効果とは?

 

ポジティブストレッチのブログでは幾度もストレッチについてご紹介してきました。

何度も何度も説明致します。

 

主な効果

・血行の促進

・老廃物や疲労物質の運搬、除去

・肉体的な疲労回復

・リラックス&ストレス解消

・自律神経のバランスを整える

・柔軟性の向上(可動域が広がる)

・疲れにくいカラダの獲得

・パフォーマンスの向上

・ダイエット効果(痩せやすいカラダ作り)

etc…

 

ご覧下さい!

この豊富な効果の数を!

 

メリット豊富ではないですか?

 

前日のコンディショニング調整アフターケア、様々な場面で活躍します。

ストレッチにも種類はありますが、ポジティブストレッチでも行っている静的ストレッチでは、主に柔軟性up(関節の可動域がup)です。

+αで獲得できるのが副交感神経の獲得(リラックス効果)疲労回復などですね。

そして、上記の内容が繰り返し獲得できることで、身体にも変化が起き、パフォーマンスup痩せやすい疲れにくいカラダという新たな効果も獲得できます!

全てが一度に得られるわけではありません。「継続」という繰り返しの作業を行うことにより、身体が学んでいきます

これが、ストレッチという「教育」です。

 

さあ、これを見たあなた!

今すぐストレッチを始めよう!

 

 

(続きまして…)

 

 

スポーツとストレッチの関係性とは?

 

先ほど、ちらっと出てきました、パフォーマンスupスポーツをする上で欲しい要素になりますよね

アスリートでなくとも、スポーツを楽しみたいとなったとき、多少上手く出来るだけでも、楽しさが違うかと思います。

では、なぜストレッチがパフォーマンスに影響するのか?

 

 

答えは、柔軟性(可動域)なんです。

 

 

ゴルフで例えましょう。

ゴルフのスイングって振り子の動作と言われますよね。振り子は振り幅が大きければ大きいほど、大きな力を発生します。

ゴルフで遠くに飛ばそうとなった時に、力ずくで行うよりも、振り子の動作を最大限に活かしたほうがより遠くへ飛びますよね。

そこで、大切になるのが関節の可動域なんです!

本来の関節可動域で振り子動作を行えば、その結果が、スコアに大きく響くと思います(細かい技術を除いて)。

人間の骨格は基本的にみなさん同じで決まっています。

ですが、同じ生活をしているわけではないので、当然、人それぞれに身体の硬さに差があります

しかし!先程も言いました。同じなんです。なので、硬い人も柔らかくなるんです!

 

の関節や肩甲骨の可動性、体幹部の捻りの可動域など、各々に硬さがあれば最大限のスイングができません。

これをストレッチで改善していきましょうということです!

 

他にもメリットはあります。

コースを回る際に、後半になると疲れてきますよね。単純な話ですが、打数が少なければ動く回数も減ります疲れないカラダ

そして、可動域が広がることにより、本来、使わない筋肉も使うことなく、力も抜けて動きやすくなります効率化up

そしてそして、可動域が広くなれば、使う筋肉を最大限に発揮することができます。パフォーマンスup

 

 

週末にゴルフに行く方、まだ間に合う!ストレッチしましょう!

 

 

(続きまして…)

 

 

これから始めてみたい!オススメのスポーツ(運動)は?

 

さあ、ここまで読んでしまえば、動きたくなりますよね

①野外でのオススメスポーツ(運動)

②室内のオススメスポーツ(運動)

③流行りのスポーツ(運動)

④個人的にオススメのスポーツ(運動)をご紹介します!

 

※人口が多い、気軽にできる、誰かと一緒にもできる、人気があるを対象に紹介します。

 

①野外でのオススメスポーツ(運動)

ウォーキング一番簡単で道具なしでできちゃいます!

ランニング …動ける服なら家から出てすぐに始めれます!

トレイルラン…舗装されていない山岳などを走ります。アグレッシブな方にはオススメ!

サイクリング…クロスバイクで近場から遠出通勤にも使えます!

ゴルフいくつになっても楽しくできるスポーツ!

 

 

②室内のオススメスポーツ(運動)

ヨガ同じ時間同じポーズ左右対称で行うエクササイズ!

ピラティス動きを鍛えるエクササイズ!

エアロビクス音楽に合わせて楽しく、ホップステップ

ストレッチ運動前後に筋肉を伸ばします!

 

 

③流行りのスポーツ(運動)

・ボルダリング…についた岩や石を掴んで登るスポーツ!

・ピラティス…鍛えながら伸ばす新しいエクササイズ!

・室内バイク…音楽や映像に合わせてバイクをこぐ、汗だくエクササイズ!

・加圧トレーニング…ベルトで血流を制限して鍛える、乳酸溜まりまくりのトレーニング!

・ストレッチ…セルフでもパーソナルでも楽しく伸ばす!

 

 

④個人的にオススメのスポーツ(運動)

・ボルダリング…上半身だけじゃない。下半身も使うんです

・加圧トレーニング…トレーニングを始めたい人にオススメ!

・水中運動…関節に負担がかからない全身運動!

・ストレッチ…welcome to sports   positive stretch!!!!

 

 

どうですか!

 

一人で出来るものもあれば、一緒に行うもの、道具いらずでも問題なしのスポーツ(運動)だってあります!

あなたがやってみたいこれなら出来そうなのを選択し、始めてはいかがですか?

 

思い切りも大事ですよ!

 

ストレッチも運動と捉えれるので、気軽にできてますし、マンツーマンなら寝てるだけでOK!

 

これはやるしかないのでは!?

 

 

(続きまして…)

 

 

「今すぐ」やっておきたいセルフストレッチ!

 

ストレッチ専門店だけあって、最後はストレッチをご紹介します!

上記のスポーツに共通して使われる筋肉硬くなりやすい筋肉のストレッチを3つお伝えします!

 

①ハムストリングス(太もも裏の筋肉)

台の上に脚を乗せて、乗せてる脚に向かって身体を倒します

股関節を折りたたむように曲げるのがコツです!

つま先を持たなくてもOK!

 

 

②臀筋(お尻の筋肉)

背筋を伸ばして座り、脚を乗せます。浮いている膝を下に押します

余裕がありましたら前に倒れます

伸び感が足りない人はこんな形でやってみてください!

 

 

③大胸筋(胸の筋肉)

手から肘までを壁につけます(肩の高さくらい)。

同じ側の脚を一歩前に出して、重心を前にのせ、身体を捻ります

同じ形ならこんなバリエーションもあります。

 

 

(最後に…)

 

 

いかがでしたか?

 

長々と書いてしまいましたが、スポーツ(運動)することのメリット効果、そして、ストレッチの重要さを伝えてきました。

私たちは、スポーツを趣味にしたい始めたい、そんな人にストレッチというツール「きっかけ」を与えれたらと思います。

既にしている方には、少しでもその趣味が、1日でも長く続けられるように、サポートをさせて頂きます。

 

 

 

「遠かったスポーツが、あなたの日常に。」

 

 

 

+スポーツ、+健康で笑顔の多い毎日(Enjoy Life)を。

それではまた次回!

++——————————————-

「Welcome to Sports」

 

ストレッチ専門店「ポジティブストレッチ」

栄店
〒460-0008

愛知県名古屋市中区栄3丁目15−6 栄STビル7F
052-228-0079

 

名古屋駅前店

〒450-0002

愛知県名古屋市中村区名駅4丁目26-23 名駅エフワンビル3階A号室

052-561-2300

 

今池店
〒464-0850
愛知県名古屋市千種区今池5丁目4-3 神谷ビル1階

052-439-6550

ストレッチ専門店を「金山、一宮、岡崎、豊橋、豊田」
でお探しの方もWelcomeです!


関連記事

PageTop

PageTop