MENU

BLOGブログ

妊婦さんのストレッチ♪

妊婦さんのストレッチ♪

ポジティブストレッチ西手です。

 

ストレッチやヨガは、妊娠中や産後に行われる運動として推進されています。

これらの運動は筋肉の質や柔軟性を維持し、出産における骨盤周りのケアになるとともにリラクゼーション効果も併せ持っているともいわれています。

今回は妊婦さんがストレッチを行う際の注意点などについてお伝えしていこうと思います。

 

1、危険度の認識

妊娠期間中というのは「体重の増加」や「重心の変化」、「ホルモンバランスの乱れ」など、さまざまなところに変動が起きています。

これは一人一人異なってくるので、すべての妊婦さんにとって安全で効果的な運動というのは存在しません。

 

・痛み

・子宮収縮

・出血、破水

・息切れ

・動悸、頻脈(心拍数の低下)

・嘔気、嘔吐

・しびれ

などが感じられた際は速やかに運動を中止し、医師の判断を仰ぐことが必要です。

 

健康になるためのストレッチで健康を害するのは本末転倒です。

無理をしないようにしていきましょう。

優先順位の最たるものは「安全」です。

 

 

2、妊婦時のストレッチのポイント

妊婦時におけるストレッチには以下のポイントがあります。

①「腰が反る」ストレッチはNG。

②長時間の「仰向け姿勢」はNG。

③「限界ぎりぎり」まで伸ばすストレッチはNG。

 

では1つずつ見ていきましょう!

 

<①「腰が反る」ストレッチはNG>

妊婦さんは通常時よりも体重が増えています。これは胎児の成長や脂肪組織の増加、乳房の膨張などによって起こっています。

この大部分は「身体の前面」で起こってくるため、重心が前方変位する傾向にあります。

そしてこの重心の変化に対してバランスを保つために、腰部の筋肉に対しては大きな負荷がかかってきます。

したがって、腰が反る(腰椎が前弯する)動きなど、腰部に負荷がかかるストレッチは原則NGです。

→妊婦さんが反り腰になりやすい理由も同様です。

 

<②長時間の「仰向け姿勢」はNG>

妊娠が進むと胎児は大きくなり、子宮の大きさも増大してきます。

長時間の仰向け姿勢は、子宮の大きさと重さが腹部にかかり、大動脈と腹部大静脈が圧迫してしまいます。

これによって、血液の流れが阻害されて「低血圧の兆候」が見られることがあります。

これを「仰臥位性低血圧」と言います。

おおよそ3~7分程度の時間で発生し、息切れ・めまい・頻脈・吐き気などの症状が起こります。

胎児の低酸素症や不整脈を生じさせてしまう危険性もあるため、絶対に注意しておかなくてはならない症状の1つです。

※ストレッチの際は座位もしくは床で横向きになって行うようにしましょう。

 

<③「限界ギリギリ」まで伸ばすストレッチはNG>

妊娠中はホルモンの分泌量が過多になります。

女性ホルモンである

・エストロゲン

・プロゲステロン

・リラキシン

といったホルモンは、結合組織である靭帯等の構造をゆるめ、関節を不安定にさせてしまうことがあります。

本来の役割は、出産時の産道を確保するために骨盤周りの靭帯構造をゆるめることがあります。

しかし、ホルモンは血流に乗って全身に運ばれる以上、どうしてもその影響が全身に及んでしまうことがあります。

したがって、強いストレッチや反動をつける動き、可動域ギリギリまで攻めるストレッチというのは、妊娠時期には不適切なものとなります。

 

3、実際のストレッチ

何度も言うように「体調がいい時のみ」行ってください!

また、すこしでも異変を感じたら、無理をせずすぐに中止してください。

 

壱、キャット&ドッグ

名前の通り、猫と犬がよくやっている動きを真似たものです。

①まずは猫の真似をし、背中を丸めていきます。

②背中を丸める体勢ができたら、犬のように胸を張っていきます。

上記の①と②をゆっくりと繰り返し、10回やってみて下さい。

肩甲骨周りや腰のあたりが少し楽になってないですか?

このストレッチは、便秘解消にもつながると言われているストレッチです。

 

弐、腰ツイスト

仰向けになり、膝を立てます。

その状態から膝を左右にゆっくりと揺らしていきます。この時に上半身は出来るだけ動かさないようにします。

ぞれぞれ左右に5回ずついきましょう。

左右に揺らし終わったら、すぐに膝を伸ばさず少しそのまま呼吸をし、リラックスしてください。

この動きは骨盤全体に効くと言われていますが、骨盤の歪みなどがあると痛みが出てきます。

その時は迷わず中止してください!

 

 

まとめ

妊娠期間中のストレッチの注意点、理解いただけたでしょうか。

ただ、こういったネットの情報はあくまでも普遍的なものになってしまいます。

お一人お一人やると楽になるストレッチも変わってきます。

心配な方は一度産婦人科のお医者さんに直接ご相談されることをお勧めします。

何よりも「安全」が一番であることを忘れずに、やっていきましょう!

 

+スポーツ、+健康で笑顔の多い毎日(Enjoy Life)を。
それではまた次回!
++——————————————-


ストレッチ専門店
「ポジティブストレッチ」


栄店
〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄3丁目15−6 栄STビル7F
052-228-0079


名古屋駅前店
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目26-23 名駅エフワンビル3階A号室
052-561-2300


今池店
〒464-0850
愛知県名古屋市千種区今池5丁目4-3 神谷ビル1階
052-439-6550


ストレッチ専門店を「金山、一宮、岡崎、豊橋、豊田」
でお探しの方もWelcomeです!

 


関連記事

PageTop

PageTop